蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
3.94
  • (43)
  • (78)
  • (38)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 650
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785933753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画喫茶で読みました。

    あ~、これは面白いやつだわ。
    とりあえずタカオの腋が素晴らしい。
    霧の艦隊が何故に戦艦の姿をしているのか、などの説明はそのうちされるんだろうか?
    とりあえず、あの世界でもアレは歴史上の戦艦の姿なのか、現実世界の戦艦を使ってるだけであの世界においては初めて見る戦艦の姿なのかを早めに明言してほしい。

    イオナが霧の艦隊のネットワークに繋がることをまだ許されているのだとすると、考えられるのは自己の発展(敵対行動などはその一環)とかだろうか。

    巻末の用語集とか大好き。

  • ネタバレ 人類のテクノロジーを遥かに超越する「霧の艦隊」。その内実、ヒューマノイド種族の存在などは謎だが、彼らにより海洋地域の制空権・制海権は握られ、国家間の物資・燃料・資源の交換補給が不可能になった。そんな時代、霧の艦隊の構成メンバーであるはずのイオナ(伊401)は、千早群像と共に霧の艦隊に立ち向かう。イオナの無機質ぶりはアニメーションの方が上だが、艦戦やメカビジュアルは本作もよくできている。1巻はアニメーションでも割と忠実に再現していたのだなぁとも。ただ、主人公側の登場人物の背景すら不明な序章段階である。

  • アニメの方が劇場版のcadenzaで一段落したので、今更ながら原作を。イオナの口調とか結構違うとは聞いていたけど、なるほど、漫画の方はちょっと冷たい印象ですね。アニメの方はメンタルモデルの存在する意味などがはっきりと描かれていたけど、こっちではどうなるのかな。戦闘シーンはこちらも迫力あっていいですね。

  • メンタルモデルという艦隊の擬人化した少女たちと主人公の物語。アニメを観て原作を読んだので、主人公達の事が描かれないままに話が進んでしまって置いてけぼりになる。

  • アニメを先に見ていたが、1巻あたりだとほぼ原作通りの展開だったみたい。
    アニメには出てこなかったけれど、イオナ2号とか出てきたり、結構お茶目な展開を見せていて楽しい。
    お話もすっと読める感じで完成度が高い。2巻以降が楽しみ。

  • 紙書籍版の買っていくことにしました。見開きのシーンはやっぱり紙書籍の方が迫力ありますね。今こうやって見ると、タカオの表情が人形っぽいですね。成長してってあんなに喜怒哀楽持っちゃうんだもんなあ。ああ……タカオに会いたい……。

  • 熱い。これはいいね。ちゃんと艦隊戦してるところがいい。
    むしろ冒頭の何でも屋的展開がなんだったんだw

  • アニメから。絵柄のためか、メンタルモデルたちの可愛らしさが先に来たアニメよりもシリアスよりに見える

  • 買うた

  • ナガラを沈めタカオとの闘いが終わるまで。途中世界観の説明的な話。

全29件中 1 - 10件を表示

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)のその他の作品

Ark Performanceの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)に関連するまとめ

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする