蒼き鋼のアルペジオ 02 (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
4.13
  • (41)
  • (66)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 518
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785934958

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画喫茶で読みました。

    この世界の航空戦力ってどうなってるんだろう。
    通信衛星が落とされるくらいだから、やっぱ簡単に撃墜されちゃうんだろうか?

    やっぱり自己の発展のためにメンタルモデルを作成したのね。
    イオナも、その関連で派遣されてる感じなのかな?

    ナノマシンのアレは有限なのね。
    破損したりすると減っていくから、置換可能な部分を代替品で補って使用箇所を減らしていくとか。
    なんだろう、このジリ貧感。
    他の艦から奪うことも出来ないのだろうか?
    どんどん一般部品に置き換わっていき、そのうち「私はまだ私のままなのかな・・・?」みたいなことにならないか不安だよ。
    ヒュウガから奪った超重力子砲はどうなるんだろう?

    タカオのストッキングが凄く良い。
    性格も好き。
    普通に本屋で買い物してるのが凄く良い。

  • ネタバレ メカの描写が緻密。前巻で登場した大和はもとより、今回の榛名・霧島、そして、日本側潜水艦の白鯨も。そして、物語としては、日本政府側の複数の思惑、千早群像とその愉快な仲間たちの目指す未来、「霧の艦隊」を支配するアドミラリティ・コードの意味と彼女らメンタルモデルを創出した理由が、小出しに開示され、序章としては十分満足。また、キャラクターとしては、群像が善人過ぎる点、ハーレム展開を予感させるモテ具合(特に高雄)、メンタルモデルに男性が登場しなさそうな点はマイナス要素だが、メンタルモデルのマシーン的な硬質さはいい。
    また、一癖二癖もありそうな政府要人のアクの強さは悪くない。そして、高雄より明らかに強そうな榛名・霧島に、武装のみならず、手持ち武器の少ない伊401がどう立ち向かっていくのか。ある意味、男性向け格闘マンガの王道展開だが、実に楽しみである。

  • アニメと対比して読むと細かい差異があって面白い。
    全体的に見るとアニメのほうが完成度は高い感じはする。コミックの方も劣らず面白いとは思うが、アニメの方がより余計なものをそげ落としてリメイクしたという印象を持った。

    アニメでは出てこなかった大和がここで登場。
    霧の艦隊に謎があることがここで提示されている。続きが気になる。

    そしてイオナがとてもコミカルで面白い。アニメの無機質な感じもいいけれど、こっちの人間味あふれるキャラクターも全然オッケーだよね。

  • 紙書籍版を読破。見開きページはやっぱり紙書籍の方が迫力ありますね。このころの群像はわりと虚無っぽい印象がしますね。大人びてみせている、というか。響ちゃんの仲間とのやり取りがまた見たいですねー。再読しててふと思ったけれど、イ400とイ402が「ユニオン・コア」ということは、イオナもということか。映画ではああいう展開だったけれど、原作ではどういう意味があるのか……。

  • ヤマトさん美しいな。
    いきなり戦艦2隻が相手とはなかなか熱い。どう撃退するのか楽しみだ。

  • アニメは霧と群像たちの交流に焦点あてて、他の部分結構そぎ落としてたなぁと。特に人類の霧への対抗手段、人類同士の勢力争いあたりは興味深く読める

  • 買うた

  • タカオとの戦闘の後,要塞港「横須賀」へ入港するところから。「おじいさまは連れて行かせない」と蒔絵が群像(を名乗った橿原)に襲いかかる。ヤマトとコンゴウがメンタルモデルについて語る。ハルナ・キリシマ横須賀へ。「艦長」に魅せられて霧を離れたタカオの妄想がかわいい。響真瑠璃を乗せた白鯨出航。

  • 横須賀へ寄っていろいろやらかしたりやらかされたりする。表紙のタカオの破壊力といったら。

  • もうヤマト出しちゃうん、ラスボス?

全13件中 1 - 10件を表示

蒼き鋼のアルペジオ 02 (ヤングキングコミックス)のその他の作品

Ark Performanceの作品

蒼き鋼のアルペジオ 02 (ヤングキングコミックス)に関連するまとめ

ツイートする