銀河鉄道999 (5) (少年画報社文庫)

著者 :
  • 少年画報社 (1994年5月1日発売)
3.49
  • (6)
  • (8)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785946654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ第5巻。それぞれのストーリって結構深いよねえ。うちのチェリーやミミも「ミー君の命の館」にいるかなあ~
    旅はまだ続く・・・

  • 銀河鉄道に乗って様々な星を降りて、様々な価値観を知り、命を考える。まさに銀河鉄道の夜の系譜。
    この批判に満ちた寓話的世界の歴訪スタイルは、元は星の王子様かもしれない。そして最新はキノの旅

  • ドクターサイクロプロスのクローンがウヨ~ウヨ~でおもろい巻。

  • “「メーテルは列車をおりてどこへ行ってたんだい?」
    「私にもいろいろすることがあるわ」
    「…………ごめんよきいたりして」
    「ううんいいわ
    鉄郎が不思議に思うのも無理ないわ
    早く話してあげられる時が来るといいんだけどね」”[P.67]

    「幽霊世界のフィラメント」
    「沈黙の聖地」
    「プレーテッドシティの魔女」
    「ウラトレスのネジの山」
    「大酋長サイクロプロス」
    「ミーくんの命の館」
    「卑怯者の長老帝国」
    「霧の都のカスミ」

    “「飼っていた犬やネコが…動物たちが死んだあと…
    特に子供のご主人は死んだ動物たちがここで仕合せに暮らしてると思って
    星空を見上げて安心してくれるの……
    私はねいつまでもこの星とそういう子供たちのあいだを往復して
    動物たちを連れてきてあげるの……」”[P.213]

  • 鉄郎のメーテルに対する想いがより強くなったように思える。
    機械の体を手に入れるという自分の目的よりも、メーテルが幸せになれる場所に999号が到着することを願うようになるのに感動した。
    改めてメーテルと鉄郎の恋人同士のような、母子のような不思議な結びつきが印象深い。

  • 999に限らず、松本零士作品は漫画であると同時に詩です。それを僕はよく思います。999のテーマは人間の限りある命の美しさ。鉄郎の逞しさとメーテルの優しさに憧れて、そして独特の世界観やひとつひとつの物語の儚さが好きで、僕は中学時代かなり熱中して999を読んだものです(当時、地元の図書館が試験的に漫画を貸し出すようになって、そこで借りたのが999だったんですよね)。

    「旅はまだ続く」という一文で終わった999が本当に連載を再会したときの驚きったらありゃしません。

  • 一気に買いそろえた文庫版。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

漫画家

「2018年 『君たちは夢をどうかなえるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀河鉄道999 (5) (少年画報社文庫)のその他の作品

銀河鉄道999 (5)の詳細を見る 新書 銀河鉄道999 (5) 松本零士

松本零士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする