銀河鉄道999 (10) (少年画報社文庫)

著者 :
  • 少年画報社 (1994年5月1日発売)
3.56
  • (6)
  • (7)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785946708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アンドロメダを行く鉄郎とメーテル。そろそろ終りが近づいてきた。しかし、本当に松本さんの話は深い。これも文学だね。

  • 車掌さんが二人わたわたして可愛い。

  • “「何もない星で盗賊が盗賊を襲い
    その襲った盗賊がまた盗賊を襲う…どうどうめぐり
    いったい何百年これを続けてきたのかしらね」”[P.130]

    「四次元エレベーター」
    「ルーズゾーンの妖怪」
    「アンドロメダ千夜一夜」
    「幽霊駅13号」
    「マカロニグラタンの崩壊」
    「メーテルの旅」
    「石の花」
    「サルガッソーの底なし沼」

    “「横にいるのはぼくかな……わからないや…
    でもあれがぼくなら…こっちから双眼鏡で見てるの気づくはずだし…
    そしたら覚えているはずだ
    それがないところをみるとあれはぼくたちの過去の姿じゃない……
    列車モロ共ニセモノだろうか?
    それとも未来の姿かな……」
    「ワープしたので時間がややこしくなったのかもしれませんよ」
    「鉄郎…」
    「え」
    「ブラインドをおろして」
    「ブラインドを…
    そしたら見えなくなるよ
    こんなマカ不思議なものを見ないなんてぼくの好奇心が」
    「私はみたくないの…」
    「…………………………」
    「おねがいよ」”[P.234]

  • もともと豊かな惑星で人も幸せに暮らせるところだったのに、ゴミに埋もれて見捨てられてしまったルーズベルト惑星の話が印象深い。
    幸せにゴミの山を築いていなくなってしまった住民たちをひどいとは思うけど、けっこう笑えなかったりするのが怖い。
    ゴミの山は豊かで仕合わせだからこそ築けるもの、というメーテルの言葉は真理だと思う。

  • 999に限らず、松本零士作品は漫画であると同時に詩です。それを僕はよく思います。999のテーマは人間の限りある命の美しさ。鉄郎の逞しさとメーテルの優しさに憧れて、そして独特の世界観やひとつひとつの物語の儚さが好きで、僕は中学時代かなり熱中して999を読んだものです(当時、地元の図書館が試験的に漫画を貸し出すようになって、そこで借りたのが999だったんですよね)。

    「旅はまだ続く」という一文で終わった999が本当に連載を再会したときの驚きったらありゃしません。

  • 一気に買いそろえた文庫版。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家

「2018年 『君たちは夢をどうかなえるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀河鉄道999 (10) (少年画報社文庫)のその他の作品

銀河鉄道999 (10)の詳細を見る 新書 銀河鉄道999 (10) 松本零士

松本零士の作品

ツイートする