江の島ワイキキ食堂 5 (ねこぱんちコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
3.76
  • (6)
  • (13)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 126
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785950668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  BookLive!で無料公開していたので読了。ねこぱんち作品ももうそろそろ読みたいな-とおもっていたので読めてよかった。我が愛する地元江の島で繰り広げられる猫の慌ただしい一日はみていて穏やかになれました。

     家族。人間の言葉が喋れる猫オードリーとその飼い主であるワイキキ食堂主人の頼がなんとも良い関係を築いていたのが微笑ましかったです。特にオードリーに関しては頼の妹であり姉であり、母親であるような立場が可愛らしかったです。頼の彼女であるひかりに嫉妬したり、くっつけようとしたりと一見矛盾してるような感情が家族らしい反応だと思いました。あと子猫3匹組が絡んだときは面倒見のよさと人間味あふれる罪悪感に苛まれているところとかちょっと苦労性の人格?猫格が見受けられました。そうした部分も頼とオードリーが家族らしさを表現していたのが良いテンポを醸し出していたんじゃないんでしょうか。

     1話完結型なので読みやすいし、なんといっても動物ものしかも多くの人が愛する猫ものですからやっぱり面白いですね。これからも電子書籍がリリースされたら追いかな。

  • ワイキキ食堂のシェフ頼ちゃんと暮らす、謎の猫オードリーが主人公の癒し系漫画。

    私は多分犬派なんだけど。
    どっちも飼ったことはないけれど、猫と暮らしてるのは想像出来ないので多分、犬派だと思う。
    でもこの漫画を読むと猫のオードリーが健気で可愛くて癒されます。
    猫好きの人は泣いちゃうかも。

  • 気付いたら新刊が出ているワイキキ。
    買い始めた頃はこんなに続くシリーズとは思わず…でもなんかまだまだ続きそう…。何故って「全ての謎に繋がる「お江戸編」も収録開始」したから。しゃべる猫オードリーの謎がじわじわ明かされるようです。お江戸編はまだまだ序盤のようですが。

    ヒカリが激太りしたり、頼ちゃんが老け込んだり、キャラに案外容赦ない岡井さん(笑)。神様も福引様とか福の神様とか増えた(笑)。
    江の島にワイキキ食堂あったらいいのに。頼ちゃんに「味見して下さい☆」って言われたい。猫達もふもふしたい。あったらいいのに…。

  • オードリー、かわいいv

    福の神さま、意外にこわい!

  • 人間の言葉がしゃべれる(でも飼い主には秘密)ねこが主人公。
    相変わらず、「ご主人様愛」なところがかわいい。

    うちにもほしい、オードリー(主人公)。
    しゃべってくれて、OK。

  • 可愛い☆江戸編とても気になります。

  • 相変わらずオードリーかわいい!!不貞腐れオードリーもかわいいのだ!
    完全に犬派の私もメロメロにされてしまう化け猫(!!)オードリー。なぜ化け猫になってしまったのか、その核心に迫るお江戸編も始まりました。
    綺麗な花魁とオードリーとの間に何があったのか、早くこの続きが読みたいなぁ!
    こんなふうに、私の愛犬も、私と離れてる間、寂しく思ってくれてたらいいのになあ。

全7件中 1 - 7件を表示

江の島ワイキキ食堂 5 (ねこぱんちコミックス)のその他の作品

岡井ハルコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする