それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
4.24
  • (61)
  • (68)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 527
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785953935

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 104話の「暗黒卓球少女」は71話「歩く鳥」(単行本9巻)に続くエピソード。
    僕はたまたま9巻を読み返してたので、104話の最後のページを見たとき、鳥肌が立ちました。

    今回の104話を踏まえると、71話の座成先輩の行動は本人が希望して行ったわけではないような気がします。
    紺の中でもやもやした思い出になってると思うので、解消させてあげるエピソードがあったらうれしいな。

    紺先輩のエピソードは相変わらずいいですね。心にじんわり染みます。

  • 特にこれってのはなかったけど、安定の面白さと言ったところか
    いや充分に面白くて楽しめたのだが
    やはり、紺先輩絡みでぐっとくる
    歩鳥より幼く見えると静かねーちゃんの評があったり
    座成先輩って突き落とした人のはず、今後どう絡んでくるのだろうか…

  • 読み終えるのがもったいない、と思わせる稀有な作品。

  • 巻末の闇鍋論には首がもげるほど頷かざるを得ない。

  • 闇鍋したい。紺先輩の話良かった。

  • "「フタバちゃんはオバケ見えるんだっけ?」
    「えっ いえ……好きなだけで…… ……ないです……」
    「オカルトが好きなだけで幽霊を見た事も霊感も無いって」
    「そっか〜〜」"[p.95]

  • 第99話  張り込み
    第100話 犬事件
    第101話 モテない紳士
    第102話 廃村
    第103話 闇の中の失踪
    第104話 暗黒卓球少女
    第105話 呪いのビデオ

    誕生日パーティーに闇鍋って悪い冗談ですか
    石黒先生があとがきで語る闇鍋論がなかなか説得力あります

  • 歩鳥=紺の組み合わせは至高

  • ナイフに守られた、紺先輩の陽だまり。
    はじめて針原さんに共感しちまったぜい。

  • 取り急ぎ13巻まで読了!
    エピローグ(第12巻)で少しびびった!

全40件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1977年生まれ、福井県出身。
2000年、『ヒーロー』でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞しデビュー。
2005年から『それでも町は廻っている』の連載開始、2010年にテレビアニメ化、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。『木曜日のフルット』『外天楼』『ネムルバカ』など、幅広いジャンルを手掛ける。
本作『天国大魔境』にて、18年ぶりにアフタヌーンに帰還!

「2018年 『天国大魔境(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)のその他の作品

石黒正数の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも町は廻っている (13) (ヤングキングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする