僕らはみんな河合荘 8巻 (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
4.28
  • (34)
  • (36)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 357
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785957896

作品紹介・あらすじ

河合荘に住む濃いキャラのメンツにいじられながらも、律と少しずつ距離を縮めていく宇佐くん。
強烈な恋敵の出現によって一度はギクシャクした2人の関係も誤解が解けてなんか良いムードに……!?
と思ったそんな中、シロさんがあてた福引きの特賞で、河合荘の皆なで沖縄に行く事に!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  俗に言うサービス、とはならない本作の水着回。だが、いやそれゆえに最高に面白い。キャラがぶれないのは、マンネリの恐れを生むが、本作は今のところマンネリ感を感じさせない。展開の多様性の妙か。

     何気にMシロさんの言動は、達観し、世界を見通せるお釈迦さまのごときである。

  • 着実に確実に話が進展してる。

  • 今回は話の腰はシモに折れることは少なく、どちらかというと、彩花さんの実家を襲撃?したり、宇佐くんをめぐる恋愛模様(実はりっちゃんの勘違いかもしれない)などが中心に描かれる。彩花さんのエピソードは個人的にずっと好きなので、非常に面白かった。この勢いはどこまで続くか。

  • 8巻まで読了!
    林さんじゃないが「やっとかー!」やっとここまで来たか…(笑)!
    宇佐くんが破裂するのも納得のりっちゃんの可愛さよ…!

    それにしても、毎度毎度モーレツに笑かせてくれるありがたい漫画です(笑)。今回はとくに彩花さんの父には腹がよじれたわ…とんでもない本で顔隠しやがって…ッ(爆笑)
    真弓さんは下ネタ連発でゲスいですが(笑)実は乙女ないい人なので憎めませんよね~~あぁ楽しかったです☆

  • 【あらすじ】
    河合荘のメンツにいじられながらも、律と少しずつ距離を縮めていく宇佐くん。
    強烈な恋敵によって一度はギクシャクした2人の関係も誤解が解けてなんか良い
    ムードに…!?そんな中シロさんがあてた福引きの特賞で皆で沖縄に行く事に!?

    【感想】
    いつもおもしろさともどかしさを感じて、楽しみながら読んでいる。みんなそれぞれ強い個性を持っているところがすごいし、それが人間味溢れる世界を創り出しているんだろうなあと思う。

  • 相変わらず先輩かわいい

  • 4.3

  •  絵が変わったなぁ。
     省略が増えた。前より硬くなった気がする。大量の絵を描きなれた故か。
     個人的には2作位前の絵が好みだが、これはこれで見慣れるときれいな省略だなぁと思う気もする。

     永遠に続く日常ではなく、いつか別れのある日常のほうが、好きである。しかし切ない。

  • 無自覚と自覚の差は大きい。宇佐の事を意識していたがそれがどういった感情のものなのか、どうして意識が向いてしまうかと無自覚であった律ちゃんが自覚した時、律ちゃんの可愛さは勿論の事、今後の展開へ期待は鰻登りに上がる。
    この恋路、あとは宇佐がヘタれることなく周りの妨害を跳ね除けて突き進む気概あるのみ。
    然し、自覚していないのに他に対して嫉妬心丸出しなのにこれで自覚したら律ちゃんの可愛さはどうなってしまうのでしょうね、其処も楽しみである。
    それとギャグや個性的なキャラを安定して供給出来る手腕は流石である。今巻も大いに笑わさせて頂きました。

  • 律ちゃん、やっと自覚か?

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

河合荘の強烈なメンツにいじられながらも、律と確実に距離を縮めていく宇佐。
一方、口下手ながらも少しずつ素直な感情を出すようになった律は自分の本当の気持ちに気づき始め…!?
宇佐の想いは届くのか!?ラブ度が一気に増すドキドキな新刊!

「2017年 『僕らはみんな河合荘 9巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕らはみんな河合荘 8巻 (ヤングキングコミックス)のその他の作品

宮原るりの作品

僕らはみんな河合荘 8巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする