猫瞽女-ネコゴゼ- 4巻 (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784785959913

作品紹介・あらすじ

1950年代ソ連占領下の日本。
盲目の女芸者であり暗殺者の夜梅は少女行者の鶯と共に鶯の里親を殺し、兄を収容所に送致した執行人に復讐すべく旅をしていたが、ついに鶯の兄と再会し、執行人と対峙することに!?
架空赤化昭和アクション完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "罪に報いる復讐も狂気の殺戮も同じであるなら
    正道も悪道もなく 何もかも空に消えてしまう無常にすぎないのであるなら
    夜梅
    あなたがこの世界で血にまみれながら手に握って守るひとつのものとは何だというのですか?"[p.93]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

広島県在住の漫画家。代表作に「猫瞽女」「朝霧の巫女」など(ともに少年画報社)。厚みのある世界観と、深みのある心情描写が魅力の気鋭作家。

「2020年 『黒の創造召喚師―転生者の叛逆―3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇河弘樹の作品

ツイートする
×