ドリフターズ 6 (ヤングキングコミックス)

著者 :
  • 少年画報社
4.35
  • (64)
  • (51)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 871
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785963446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最高だった。

    冒頭、紫が言う「さだめなどない」という台詞が全体を貫いている。それは生前最期の役割を、自らの宿命なのだとして再び繰り返そうとする豊久を諌める台詞なわけだが、また一方「駒」であることを辞めつつあり、与えられた使命より自らの生き様を選ぼうとする土方を指す台詞でもある。もっと言えば、化物と対比する形で「ただの人間」たちが自らの意思に基づいて戦い、生き抜いていく様を描く、『HELLSING』にも通ずる平野漫画の哲学でもある。いい。これは人間の漫画だ。人間が「生きる」漫画だ。だから豊久はここで死んではいけない。

    黒王軍との大きな衝突ということで、魅せる画が多くて平野節をたっぷりと味わえた点でも最高だった。攻めてくる黒王軍が初めて目に入ったときの見開きと、豊久が関ヶ原と同様しんがりを務めたところで現れる、「ドリフターズ」のタイトルコールが入った見開きが今回のベストページ。

  • 決戦、そして死戦の関ケ原。天下分け目の戦の決め手は、やはりなぞったかのような寝返りでした。
    さぁ、再びの捨てがまり。
    行く前の豊久のアオリがべらぼうによい。
    「百代末まで童が語るど」「ゆかいな村祭りなんぞできるど」

    煌びやかな装束や勲章がほしいのでなく、ただただ語り継がれるものになれればいい。村祭りで踊り語り継がれても、本当の豊久たちの姿は消え去っているだろうけど、そこにいたということが残れば。それが誉れである。

    おお、かっこいいな。

    自分自身が納得する死に様は、すなわち生き様。それを求めて戦い続けた土方の前で、とことん披露する豊久。
    廃棄物になった根源を無遠慮についてくるからには、どうすべきか。豊久殺しても、虚脱するだけな気がする。

    覚醒というか、復活するハンニバルと、戦場へ突入する菅野。
    関ケ原じゃなかった、マモン間原の戦の終わりは、何の始まりになるんだろうねぇ。

  • 紫はいいこと言うね、「さだめなどない、思考を自動化するな」と。
    普通主人公が殉じようとしてるときには出てこないセリフよな。
    ドラゴンに乗ったり、なんか最後に波乱があったりと楽しい巻である。

  • 豊久と信長と与一の関係が好き過ぎるのでうっかり泣いてしまった第6巻。

    お豊がドラゴンを自分のモノにする辺りまで笑ってたんですけどね……信のために命捨てようと思ってたんだねと思うと泣けてきた……
    ハンニバルの目を覚まさせるシーンとかホントたまらん。
    てかハンニバルのじーちゃんとドワーフのおっちゃん達がお豊の事を坊って呼ぶのが可愛がってる感じがして好きだったんや…ドワーフ大好きよ…涙無しには…

    ところでそんな豊の命を拾って帰ってくれそうな土方さんには期待しかありません。
    さくっとドリフに寝返って豊久と仲良く殴り合う毎日を過ごそうよ土方さんきっと幸せになれるよ。

    ラスト直ー!続き早く出して下さい…!!

  •  ついに始まる大戦、おそらくはその緒戦だろう一戦が収録された6巻である。
     関ケ原に近似した決戦地を前に、紫の危惧をよそに再び捨てがまらんと覚悟を決めた豊久。彼の壮絶な死戦がいかなる結果を生み出すのかは、次巻に譲ることとなる。

     それにしても、さすがは平野耕太と言わんばかりの戦争模様である。前半の互した戦いぶりと、後半の戦略面で叩き潰される物語は素晴らしく展開している。
     そして、その中で、敵の戦略目標を壊す特攻の凄まじさ、それゆえに心をかき乱される先軍大将の混乱は激しくエモーショナルである。
     この地に集う新選組がいかなる選択を取り、どんな結果をつかみ取るかは、着々と仕込みが進むローマ・カルタゴ組の躍進とともに期待を持って待ちたいところだ。

     文句なしに星五つの素晴らしい一巻である。
     刊行ペースを除けば、言うべきことは一つもない。

  • お豊のさぱっとした捨てがまりには胸が痛くなってしまう。苦しい。

  • 防衛戦。
    ここにきて豊久の精神性を問われる展開になる。
    功名餓鬼と自称するが、かつてとは違い立場的にも味方の精神的支柱としても大きい存在になった以上、自爆を選ぶ「思考停止」は間違いだというのが「魂を自動化するな」という言葉なんだろう。

    計算しているのかどうかはわからないが、ほぼ一巻ごとにシークエンスが切り替わってるような構成なのはちょうどいいテンポで読みやすいなぁと改めて思った。

  • ウルトラおもろいです。はよ、7巻、出してほしいなあ。まあでも、1巻から6巻までを、時折ふと読み返すだけでも、ウルトラおもろいので、既に大満足ですけれどもね。

    でも、近い未来?いやいや遠い未来?見事にこの「ドリフターズ」も、多分絶対見事に終わるんでしょうけど、見事に完結したならば、きっとその時は、めっちゃんこ嬉しいんだろうなあ。

    しかしまあ、平野耕太。なにが素晴らしいって、この人。多分、多分なんでしょうけれど、「この俺の描く漫画は、絶対に、途轍もなく面白いに決まっている。俺が描くんだから当然だろこの野郎」って気持ちで、この作品を描いている気がするんですよ。平野先生、もし違ったら、ゴメンナサイ、、、なのですが、僕は、そう感じるのです。違ったらマジでゴメンナサイ。で、その、途轍もなく傲岸不遜な気持ちが、間違いなくマジで真実である、ってところが、ホンマに素敵。

    自分自身が心から満足する作品を創造して、それを、本人以外の他人も、心から満足して受け取ることが出来ている関係性?な気がする。この作品はマジで。

    いやしかし、もう一切の留保も何もなく、この作品は圧倒的に素晴らしい、って思う作品を読むことができる幸せさよ。それって読書する人の、最高の幸せよねえ。もう、ホンマに愛しい作品ですよこれは。ああ、シミジミと続きが読みたい、、、ホンマ読みたい。

  • やっぱ島津は格好良い。

  • 『ドリフターズ』最新巻!
    2年ぶりの新刊、とうとう11/30発売!

全34件中 1 - 10件を表示

平野耕太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ドリフターズ 6 (ヤングキングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×