知識人の責任

  • 青弓社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787210371

作品紹介・あらすじ

知識人とは誰か。人々との関係はいかにあるべきか。知識人が負う責任とは何か──。ベトナム戦争から連続するアメリカの戦争政策を批判して戦争と知識人の関係を問うチョムスキーの政治哲学の原点。浅見克彦、上野俊哉らの知識人論も所収する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ベトナム戦争への反戦運動のときの記録、筆者の議論。
    正直当時のことは全くと言っていいほど知らなかったので、現在の思想や思想家、市民社会や運動が、その記憶の後にあるということを少し認識した。
    でも知識人って何なんやろ、知識人の責任って何なんやろ。
    考えるきっかけになる。

  • インドでの開発はインドが原罪も直面している大いなる苦悩を涼しい顔で利用しながらアメリカがインドの「社会主義からプラグマティズムへの移行」を実行するためにその経済力を用いているという点で戦後最大のスキャンダル。何も知らないということは恐ろしいし、知らせない知識人の罪は重たい。
    チョムスキーはユダヤ人だったというルーツを認めることはないだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(Noam Chomsky)国際的な言語学者であり、主要な急進的知識人。政治に関する著作多数。主なものに『9・11――アメリカに報復する資格はない!』(文藝春秋)、『金儲けがすべてでいいのか――グローバリズムの正体』(文藝春秋)、『メディア・コントロール――正義なき民主主義と国際社会』(集英社)等がある。この半世紀の間、世界的な規模で科学と政治に関する思索の両方に大きな影響を与えてきた。

「2014年 『複雑化する世界、 単純化する欲望』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノーム・チョムスキーの作品

ツイートする
×