• Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787220097

作品紹介・あらすじ

残虐きわまる拷問、戦慄が走る刑罰。足枷、水責め、緋文字、猿轡など、およそ考えつくかぎりの身体刑が席巻した暗黒の中世ヨーロッパと新大陸の世界を、多数のエピソードと社会的背景の考察に、近代の刑罰学との比較もまじえて照射する。

エドワード・ペイソンエヴァンズの作品

拷問と刑罰の中世史を本棚に登録しているひと

ツイートする
×