歌う大衆と関東大震災 「船頭小唄」「籠の鳥」はなぜ流行したのか

著者 :
  • 青弓社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787220851

作品紹介・あらすじ

死者10万人の犠牲者を出した1923年の関東大震災と前後して、2つの歌謡曲が大流行する。「船頭小唄」と「籠の鳥」である。同時に、労働運動の高まりを受けて、メーデー歌の「聞け万国の労働者」も大流行する。人々の心情に響く曲と運動を勇気づける曲は、どのようにして全国に伝播したのか。

復興、歌の大流行、大正デモクラシーが一体になった結果、「歌う大衆」が出現した。その背景にはレコードと蓄音機というニューメディアの普及はもちろんのこと、艶歌師=演歌師の存在があった。街角の演歌師の歌声に加えて、小唄の映画化がさらに人気に拍車をかけた。

流行小唄と革命歌やメーデー歌を各地で誰もが歌っていた時代を、流行歌を伝播するメディアという社会的基盤と、歌を心の糧としてきた有名無名の無数の人々が構成する受容基盤との関係から浮かび上がらせる。


目次
第1章 「船頭小唄」の誕生とレコードの大ヒット
第2章 小唄映画の誕生と「船頭小唄」の歌われ方
第3章 関東大震災と復興の街に流れた歌
第4章 「籠の鳥」の流行と小唄映画の大ブーム
第5章 流行小唄禁止令と合唱する観客への恐れ
第6章 革命歌を合唱する大衆の誕生
終 章 その後の展開

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:767A/N15u//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年、鹿児島県生まれ。九州大学文学部卒業。
東京大学図書館職員として、経済学部図書館、法学部附属明治新聞雑誌文庫、史料編纂所図書室等に35年間勤務して定年退職。
出版文化・大衆文化史研究家。
日本出版学会、日本マス・コミュニケーション学会、メディア史研究会、日本ポピュラー音楽学会会員。
著書に『雑誌と読者の近代』(日本エディタースクール出版部、1997年、日本出版学会賞)、『読書国民の誕生―明治30年代の活字メディアと読書文化』(日本エディタースクール出版部、2004年)、『怪盗ジゴマと活動写真の時代』(新潮新書、2006年、内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞)、『オッペケペー節と明治』(文春新書、2018年)、『「リンゴの唄」の真実―戦後初めての流行歌を追う』(青弓社、2018年)、『歌う大衆と関東大震災―「船頭小唄」「籠の鳥」はなぜ流行したのか』(青弓社、2019年)などがある。

「2020年 『明治の一発屋芸人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永嶺重敏の作品

歌う大衆と関東大震災 「船頭小唄」「籠の鳥」はなぜ流行したのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×