伝奇・伊藤晴雨

著者 :
  • 青弓社
3.57
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231284

作品紹介・あらすじ

苦悶にあえぐ女性の姿に至上の美を見いだし、情感を高ぶらせていく女のエロスをみごとに写しきった稀代の責め絵師・伊藤晴雨。緊縛の図をはじめ晴雨の残した無数の絵画の描線をなぞり、残酷にして妖気ただよう鬼才の世界をさぐる初の評伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 福富太郎氏の本の方が読みやすいけれど、こちらは晴雨のモデルに対する考え方とかになまなましさを感じた。図版も豊富で資料としての価値がある。しかし「マンガ責め」ってなんだろう。ググっても出てこない・・・

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1924年、東京都北区滝野川生まれ。本名─正一。一九四三年、早稲田工手学校土木科卒業。古書店を経営し、書物趣味の会「愛書家くらぶ」を主宰した。著書に『カストリ考』(此見亭書屋)、『猟本猟奇』(街書房)、『愛書家の散歩』『続・愛書家の散歩』(ともに出版ニュース社)、『伝記・伊藤晴雨』(青弓社)などがある。1988年、没。

斎藤夜居の作品

ツイートする