日本の奇祭

著者 :
  • 青弓社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231307

作品紹介・あらすじ

尻振り祭り、寒中みそぎ、くらやみ祭り、泣き相撲、けんか祭り……土地の人々に親しまれ、育まれ、深く根ざした祭り──それはもはやその土地の色であり、匂いであり、温度であり、生活である。各地で連綿と受け継がれている奇祭の数々を紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日本にはいろいろな祭りがある。見る側からしたら奇際に見えても行っている人たちにとっては重要なことだ。発行されたのは1996とかなり昔だが参考にはなる。



     あのクレヨンしんちゃん顔負けの尻振りをして豊年を祝う祭りを行っている場所がある。それは、北九州市小倉南区井手浦。東大野八幡神社の宮司により行われる。宮司を中心して3人が尻振りを行う。不思議な祭りがあるものだ。



     遺跡で有名な奈良県明日香村でも祭りがある。その名は、飛鳥おんだ祭り。男女がもつれ合い豊穣を祈る。ゆらいに関する記録がなく、ただ分かるのは、昔から地元の農民たちが性と豊穣をつなげていることだそうだ。昔は性におおらかな時代があったのでさもありなん。



     その他にも、顔に墨を塗ったり、牛鬼を登場させたり、提灯をぶつけあったりといろいろなやり方で祭りを行っているところがある。日本は多様な文化を持っていることが改めて分かる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九三四年(昭和九年)、北海道空知郡上砂川町生まれ。北海道新聞社に入社し、事件を担当。在職中からノンフィクション作品を発表。退職後は札幌大学講師など。主な作品は『日本史の現場検証』(扶桑社)、『松浦武四郎 北の大地に立つ』(北海道出版企画センター)、『北の墓 歴史と人物を訪ねて』(柏艪舎)など。札幌市在住。

「2018年 『夜明けの海鳴り 北の幕末維新』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本の奇祭のその他の作品

日本の奇祭 (復刊選書) 単行本 日本の奇祭 (復刊選書) 合田一道

合田一道の作品

日本の奇祭を本棚に登録しているひと

ツイートする