世間学への招待 (青弓社ライブラリー)

著者 :
  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231963

作品紹介・あらすじ

私たちが組み込まれている世間とはいったい何か? ムラ的共同体としての世間、近代法と「世間の掟」の二重構造、対人恐怖にみられる世間の影響、作家と世間の関係など、私たちの日常生活と世間とのかかわり方を検証し、〈生活世界〉の構造を解読する論考集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 阿部謹也[編著]『世間学への招待』(青弓社ライブラリー 22)

    【書誌情報+内容紹介】
    四六判 236ページ 並製
    定価:1600円+税
    ISBN:978-4-7872-3196-3 C0336
    奥付の初版発行年月:2002年01月

     私たちが組み込まれている世間とはいったい何か? ムラ的共同体としての世間、近代法と「世間の掟」の二重構造、対人恐怖にみられる世間の影響、作家と世間の関係など、私たちの日常生活と世間とのかかわり方を検証し、〈生活世界〉の構造を解読する論考集。
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-3196-3


    【目次】
    まえがき〔阿部謹也〕 

    第1章 世間と差別〔阿部謹也〕 
     1 ヨーロッパの個人と日本の個人
     2 日本を貫く二つのシステム

    第2章 「水」の構造──世間における紛争解決の手段〔瀬田川昌裕〕 
     1 「水」の構造
     2 「世間」のなかの「水」
     3 「水」の機能障害──蒸発と凍結

    第3章 いま、なぜ世間なのか──戦後日本における経済社会構造の変容から 田中史郎
     1 「社会」と「世間」
     2 戦後日本における「社会」と「世間」
     3 いま、なぜ「世間」なのか

    第4章 「中間的」共同幻想としての世間──わが国における対人恐怖の解明を通じて〔佐藤直樹〕
     1 対人恐怖の根底には世間がある
     2 世間では「配慮」を強いられる
     3 独特の競争社会としての世間
     4 「中間的」共同幻想としての世間

    第5章 法学における社会と世間のあいだ──法世間学序説 瀬田川昌裕
     1 どこにもある「世間」
     2 世間の構造と機能
     3 世間の掟
     4 法世間学の可能性

    第6章 世間主義の思想──三重県下における初誕生儀礼をめぐって〔近藤直也〕 
     1 三重県下における初誕生儀礼の事例
     2 事例研究

    第7章 ネパールの山村における社会、世間生活──NGOの経験をとおして〔清沢 洋〕 
     1 ネパールにおける「世間」とは
     2 NGO活動をとおして見る村落共同体
     3 共同体という福祉施設
     4 日常生活に垣間見る「世間」
     5 誇りと恥
     6 生きつづけている世間

    第8章 俳句とハイクと世間──西洋における俳句受容の一端から〔元吉瑞枝〕 

    第9章 わが国における作家と世間──日本における生活と思想の問題性〔片山恭一〕 
     1 「作家」という困った人たち 
     2 彼らは「世間」といかに対峙したか
     3 「世間学」を超えてあとがき 阿部謹也

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年生まれ。共立女子大学学長。専攻は西洋中世史。著書に『阿部謹也著作集』(筑摩書房)、『学問と「世間」』『ヨーロッパを見る視角』(ともに岩波書店)、『「世間」とは何か』『「教養」とは何か』(講談社)。

「2002年 『世間学への招待』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部謹也の作品

ツイートする