刑法39条はもういらない

著者 :
  • 青弓社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787232588

作品紹介・あらすじ

精神障害者の犯罪責任を免除する刑法39条。その起源を刑法史に探り、「理性的な人間像」と対立する「非‐人間としての精神障害者」という問題性を指摘する。責任能力を認めないのは精神障害犯罪者を「人間」と見なしていないと批判して、39条の廃止を訴える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会理論と社会システム〜責任をどのように考えるか〜
    レポートを書くために読破しました。
    触法精神病患者がなぜ罪に問われないのか?
    歴史的経緯が理解できました。
    オススメです。

  • ほんとにいらないだろうと心の中で呟く。
    精神障害だけで死刑にならない?いや。あなた殺したんでしょ?
    罪は罪だよ。みたいな。

  • 「精神障害者」 は、裁かれる主体であることによる人権の確立。「意志責任」か「個人責任」かの責任能力問題。近代主体「自由意志ー理性的人間像」を基本とした法律体系の中で、精神鑑定の欺瞞と、刑法39条(心神喪失)と心身喪失者等医療観察法(予防拘束)と他刑法(共同共謀犯と他処罰)の間に横たわる大矛盾を突く。

  • 分類=刑法史・刑法39条(精神障害者の犯罪責任免除)。06年6月。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

九州工業大学名誉教授・現代評論家

「2018年 『談 no.112 感情強要社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤直樹の作品

ツイートする