日本の奇祭 (復刊選書)

著者 :
  • 青弓社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787232618

作品紹介・あらすじ

尻振り祭り、一夜官女祭り、鍋冠り祭り、くらやみ祭り、泣き相撲、ベッチャー祭り、提灯もみ……。生活に深く根ざした祭り──それはその土地の色であり、匂いであり、温度そのものである。各地で連綿と受け継がれている奇祭を訪ね、写真を添えて紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 457夜

  • [ 内容 ]
    尻振り祭り、一夜官女祭り、鍋冠り祭り、くらやみ祭り、泣き相撲、ベッチャー祭り…。
    生活に深く根ざした祭り―それはもはやその土地の色であり、匂いであり、温度そのものである。
    各地で連綿と受け継がれている奇祭を訪ね、写真を添えて紹介する。

    [ 目次 ]
    神殿で新郎を放り上げる 婿の胴上げ―新潟県南魚沼郡六日町、八坂神社
    宮司も尻振って豊年祈る 尻振り祭り―福岡県北九州市小倉南区井手浦
    裸で真冬の荒海に飛び込む 寒中みそぎ―北海道上磯郡木古内町、佐女川神社
    顔に塗って幸せ祈る スミつけ祭り―岩手県紫波郡矢巾町、実相寺
    男女がもつれ合い豊穣祈る 飛鳥おんだ祭り―奈良県高市郡明日香村、飛鳥坐神社
    生身の女性を神に供える 一夜官女祭り―大阪府大阪市西淀川区、野里住吉神社
    悠然と街を行く巨大な男根神輿 豊年祭り―愛知県小牧市、田県神社
    大ロウソク掲げ裸で参詣 裸押し合い祭り―新潟県南魚沼郡大和町、浦佐毘沙門堂
    飲んで踊って寝転がる うなごうじ祭り―愛知県豊川市、牛久保八幡社・天王社
    「飯を食べろ」を脅す山伏 強飯式―栃木県日光市、輪王寺〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三四年(昭和九年)、北海道空知郡上砂川町生まれ。北海道新聞社に入社し、事件を担当。在職中からノンフィクション作品を発表。退職後は札幌大学講師など。主な作品は『日本史の現場検証』(扶桑社)、『松浦武四郎 北の大地に立つ』(北海道出版企画センター)、『北の墓 歴史と人物を訪ねて』(柏艪舎)など。札幌市在住。

「2018年 『夜明けの海鳴り 北の幕末維新』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本の奇祭 (復刊選書)のその他の作品

日本の奇祭 単行本 日本の奇祭 合田一道

合田一道の作品

ツイートする