編集者の危機管理術―名誉・プライバシー・著作権・表現

  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787233332

作品紹介・あらすじ

名誉毀損、プライバシー侵害、盗用・著作権侵害、差別・不適切表現、商標権侵害……「ついうっかり」の表現が違法・触法になったり、他者を傷つけて抗議を受けたり、高額な賠償を求められたりする「危機」を回避するための編集者・執筆者は必携のマニュアル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:021.4//H96

  • 48ページ
     JASLAC1000億円利権の呆れた実態
      ◆JASLAC→JASRAC

    48ページ
     キャノン御手洗会長と731部隊
      ◆キャノン→キヤノン

    206ページ
     松文館発行の『密室』
      ◆密室→蜜室

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1941年生まれ。小学館で編集総務部長として、訴訟処理、人権差別問題、編集倫理問題と取り組む。在職中は、日本雑誌協会編集倫理委員会委員長、出版倫理協議会副議長、出版・人権差別問題懇談会代表幹事などを務める。現在、日本雑誌協会倫理専門委員、映像倫理機構副代表理事を務める。著書『改訂版 実例・差別表現』(ソフトバンククリエイティブ)、共著『出版メディア入門』(日本評論社)ほか。

編集者の危機管理術―名誉・プライバシー・著作権・表現のその他の作品

堀田貢得の作品

ツイートする