子どもと貧困の戦後史 (青弓社ライブラリー)

  • 青弓社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234032

作品紹介・あらすじ

敗戦直後の戦災孤児や浮浪児、復興期の家庭環境と子ども、高度成長期における子どもの貧困の脱出と、不可視化する経済問題――1950・60年代の社会調査データで当時の実態に実証的に迫り、新聞報道なども織り込んで、子どもと貧困の戦後を立体的に照らし出す。

著者プロフィール

1979年、長崎県生まれ。上智大学総合人間科学部准教授。専攻は教育社会学、社会調査、比較歴史社会学。共著に『子どもと貧困の戦後史』(青弓社)、『〈高卒当然社会〉の戦後史』(新曜社)、共編著にHigh School for All in East Asia(Routledge)など。

「2019年 『総中流の始まり 団地と生活時間の戦後史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相澤真一の作品

子どもと貧困の戦後史 (青弓社ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×