国道16号線スタディーズ

  • 青弓社
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234353

作品紹介・あらすじ

ショッピングモールやチェーン店が立ち並ぶ「没個性的で均質的な空間」としてネガティブにイメージされがちな郊外だが、私たちは紋切り型で郊外を理解しているのではないか。

本書は、2000年代以降の郊外を国道というインフラとの関わりから考察する。具体的には、国道16号線――神奈川県横須賀市から千葉県富津市までの首都圏の郊外を環状に結ぶ、いわば郊外が濃縮された国道――を実際に車で走り、街を歩き、国道と土地の歴史の調査やトラックドライバーへのインタビューを積み重ね、現在の郊外とロードサイドのリアリティを描き出す。

同時に、16号線沿いの街を物語るテキストや表象――『ドキュメント72時間』『闇金ウシジマくん』『学校の近くの家』『木更津キャッツアイ』など――を読み解き、また鉄塔や霊園などのモノや空間にも目を向ける。それらの考察を通して、少子・高齢化や人口減少など、現代日本の郊外が抱える課題を明らかにし、郊外の現在を理解するための新しい視点を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国(酷)道本ではありません。
    東京近郊をぐるっと一周する国道16号線を考察すること
    により、戦後の高度経済成長から現代の空き家問題を
    抱える自治体の悩みまで、すべての答えを導き出すこと
    ができるアカデミックな本です。

    まさに文化と歴史が詰まった国道16号線こそ「郊外」
    の象徴であることが非常によく理解できます。

    マイルドヤンキー達はそこら辺に多数生息している
    ことから、国道16号線をよく知らない人でも何となく
    想像できるのではないかと思います。

  • 東2法経図・6F開架 685.2A/Ts52k//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

相模女子大学学芸学部講師。専攻はメディア文化論、都市研究。共編著に『国道16号線スタディーズ』(青弓社)、共著に『アイドル論の教科書』(青弓社)、論文に「米軍基地文化の形成と展開」(「人間と社会の探求」第88号)など。

「2020年 『フーディー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚田修一の作品

ツイートする