炭鉱と「日本の奇跡」 石炭の多面性を掘り直す

制作 : 中澤 秀雄  嶋﨑 尚子 
  • 青弓社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234384

作品紹介・あらすじ

現在も世界のエネルギー源の約30%を占め、東日本大震災後の電力供給の30%を火力発電が支えるように、石炭はいまなお重要な資源であり続けている。

日本では高度経済成長という「日本の奇跡」と対比させて、「危険な重労働」「忘れ去るべき暗闇」「古いエネルギー」「ノスタルジー」とイメージされることが多い炭鉱は、しかし、労働・経営のあり方、技術革新、地域社会への貢献など、日本の産業全体に多大な影響を及ぼした。

戦後日本を作り出した炭鉱の歴史と現在を、企業・自治・家族・女性・産業遺産などの視点から浮き彫りにし、グローバルに展開する世界の炭鉱とも比較して、炭鉱とそこに生きた人々の歴史的意義や炭鉱が秘める現在の可能性を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/505881

  • 序章をちょっと読んで、この人達は左巻きだな~って感じた。

    これは明らかにデマである。選手たちが炭鉱送りになったとして、彼らは炭鉱の現場で実際に労働できるのだろうか。
    本書の著者たちは否定的である。高い生産効率を前提に設計されている現在の炭鉱では複雑な機械を使いこなす熟練技術と高いモチベーション、さらには危険察知能力が必要だからである。</p></blockquote>
    ・刑罰を目的とするのであれば生産性は期待されない
    ・生産性が期待されないことは、デマである根拠にならない。
    ・北朝鮮に高度で複雑な機械が炭鉱に導入されているのか不明
    このことから、デマであることを示す根拠にはならない。事実である根拠もないが。
    左巻きの人たちの見分け方。それは、言っていることに論理的矛盾があるってこと。
    著者は将軍様様の人たちなんでしょう。
    https://seisenudoku.seesaa.net/article/472425860.html

  • ふむ

  • 東2法経図・6F開架 567A/N46t//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

中澤 秀雄(ナカザワ ヒデオ)[5章]
上智大学総合人間科学部社会学科教授。代表的著作として共著/復刻『戦後日本の出発と炭鉱労働組合』(御茶の水書房、2022)、共編著『炭鉱と「日本の奇跡」』(青弓社、2018)、単著『住民投票運動とローカルレジーム』(ハーベスト社、2005)がある。博士(社会学)。

「2024年 『新しい都市空間 都市理論とスケール問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中澤秀雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×