戦後日本の〈帝国〉経験 断裂し重なり合う歴史と対峙する (日本学叢書)

著者 :
制作 : 杉原 達 
  • 青弓社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234445

作品紹介・あらすじ

帝国日本から戦後日本へ――。歴史教科書ではこのような近現代史の理解が一般的だが、現実に人々は〈帝国〉での経験を否応なく引きずり、ときに〈帝国〉と対峙しながら「新しい戦後」を生き抜いてきた。

兵役を忌避した沖縄の人々、上海で慰安所に関与した日本人・朝鮮人、ブラジルで俳句に自らを表現した日系移民、沖縄でミシン業を営んだ女性やタイから日本に密航した労働者――。

人々の生活実態と、その背景にある軍事政策や社会的な制度の展開を多面的に掘り起こす。「個人と戦争との軋轢」や「人々の内にある帝国の痕跡」から現代史を逆照射する歴史への挑発。

目次
第1章 内地と外地の間で――戦前沖縄の軍事的特色 荒川章二
第2章 漢詩人の越境と帝国への「協力」――〈籾山衣洲〉の台湾体験を例として 許時嘉
第3章 上海に見る遊廓と慰安所の関係性 宋連玉
第4章 『琉僑管理案』に見る沖縄出身者の歴史経験――経験のゆくえと場の関係性を中心に 冨永悠介
第5章 二つの「大広島」――「軍都」と「平和都市」の貫戦史 西井麻里奈
第6章 戦争への想いを抱えて――ブラジル日系社会と「戦後」 ソアレス・モッタ
第7章 ミシンと「復興」――女性たちの戦後沖縄の生活圏 謝花直美
第8章 「働人」・平井正治における歴史との向き合い方――労働運動と民衆史と 杉原 達
第9章 外国人として日本で働くということ 崔博憲

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架 210.6A/Su34s//K

全1件中 1 - 1件を表示

杉原達の作品

戦後日本の〈帝国〉経験 断裂し重なり合う歴史と対峙する (日本学叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする