チャイナドレス大全 文化・歴史・思想

著者 :
  • 青弓社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234704

作品紹介・あらすじ

中国語で「旗袍」(チーパオ)というチャイナドレスは、中国女性の「伝統服」だと考える人が多い。たしかに、中国では観光地の物産店やデパート、ショッピングセンターで、観光客向けのさまざまな旗袍を販売している。さらに、現代モードとして海外のデザイナーによるファッションショーもしばしば目にする。

しかし、中国の女性が日常的に旗袍を着ることはほとんどない。では、なぜ、国際社会で中国の「伝統服」というイメージを生んだのか。

チャイナドレスの起源は清朝時代の貴族が着た衣服である。清末期から民国期を経て、20世紀初頭に現在の形が誕生して、1920年代から40年代に国際都市・上海で大流行して一世を風靡した。その後、中華人民共和国が樹立し、文化大革命期、改革開放期へと中国社会と経済が変動したが、それに伴うチャイナドレスの変化、受容や否定の実態を描き出す。

台湾やマレーシアなどへと広まっていったチャイナドレスも追って現地で調査し、身体性、ジェンダー、セクシュアリティー、エスニシティー、サブカルチャーなどの視点から、チャイナドレスの多様性を検証する。

中国の近代化と服飾文化との関係、歴史的な移り変わりを多数の写真を添えて解説する。


目次
第1章 旗袍の由来
第2章 旗袍と身体
第3章 旗袍とジェンダー
第4章 旗袍とセクシュアリティー、そして革命
第5章 海を渡った旗袍;1――台湾の華人社会と旗袍
第6章 海を渡った旗袍;2――マレーシアの海峡華人と旗袍
第7章 旗袍・唐装・漢服の論争――「中国人」の「伝統服」は何か

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ↓利用状況はこちらから↓
    https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/BB00559875

  • チャイナドレスは満族の旗袍(チーパオ)が原型。
    1920年代以前は満州族の服装であった、と。

    1950年には、ベルトを締めればボディラインを出せるレーニン服が流行ったが、これの政治的意味合いは少なかった。
    1966年から15年続いた文化大革命で旗袍は排除された。

    ということもあるせいか?
    漢族には明確な民族服を持たないという。
    海外の華人は「男性は中山服、女性は旗袍」がとの答えが多いかもしれないが、2000年代に入ってから、街中の漢服の若者が増えた。
    2001年のAPEC首脳会議で「唐装」が注目されてから
    国服とは何かで議論が起きている。

  • 最後のところの少数民族のおそろいチャイナドレスの話が面白かった。男装とかそういうのてBLにつながるのかなあとも思ったり。ともかく、すごい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1966年、上海生まれ。東北芸術工科大学芸術学部准教授。著書に『チャイナドレスの文化史』『チャイナドレスをまとう女性たち――旗袍にみる中国の近・現代』(ともに青弓社)。

「2020年 『チャイナドレス大全 文化・歴史・思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

謝黎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
宇佐見りん
凪良 ゆう
エラ・フランシス...
出口 治明
文化学園服飾博物...
濱野 ちひろ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×