持続する郊外: 住民主導のアーバニズム

著者 :
制作 : 平本一雄 
  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787235275

作品紹介・あらすじ

高度経済成長期に形成された東京都市圏の郊外社会――。当初は批判的に語られた郊外地域は、半世紀がたとうとする現在ではどのように成熟し、これからはどう変化していこうとしているのだろうか。

そして、郊外に暮らしてきた住民はまちづくりとどう関わり、高齢者はどのような生活を送り、これから迎えるポストコロナ期にライフスタイルはどう変貌するのか……。

東京都市圏の多摩丘陵に位置する川崎市麻生区をモデルに、住民へのインタビューやウェブ調査などをとおして、まちづくりのあり方や隠れた魅力、近隣の大学とコラボした文化活動、コロナ禍の影響などの郊外の実態を描き出す。

また、多摩ニュータウンなどの計画的に建設された郊外住宅地と異なり、麻生地域は個別開発の集合体として住民主導の草の根で建設されてきた。その歩みをたどることで、地域の人々の手によるまちづくりの格好の参考事例と今後のあり方を提示する。

川崎新都心街づくり財団と地元の複数の大学が協力して、多様な調査を元に郊外の持続型モデルを提言する貴重な成果。各自治体の関係部署、まちづくりを実践している市民やNPO、開発をサポートする企業などは必携の一冊。

【目次】
序 中島眞一
まえがき 平本一雄

第1部 郊外社会の持続型モデルを知る――麻生地域のケーススタディー

第1章 郊外と東京都市圏 平本一雄
第2章 多摩丘陵の地域比較 平本一雄
第3章 麻生地域の来し方 平本一雄
第4章 麻生地域持続の道筋 平本一雄
第5章 自立に向けてのアーバニズム 平本一雄

第2部 郊外社会の実態を麻生地域で調べる

第1章 市街地の形成と地域ルール 加藤仁美
 コラム 地産地消のまち 平本一雄
第2章 ポストコロナの郊外ライフスタイル 林 和眞
 コラム 駅近かサテライトオフィス 平本一雄
第3章 みどりの恵みのシナジーとその持続コスト 横田樹広
 コラム 自然を守る活動、里山フォーラムin麻生 石井よし子
第4章 市民が生み出した芸術文化のまち、その評価 藤田直哉/武濤京子
 コラム オペラハウスと二つの文化村 平本一雄
第5章 居心地よく持続可能な郊外生活のための商業・サービス 渡辺達朗/神谷 渉/山﨑万緋
 コラム おいしい、また行く個人オーナーの店 平本一雄
第6章 子ども・子育て支援の地域間比較 内藤知美/舟生直美/番匠一雅/仙田考/安村清美/斉木美紀子
 コラム しんゆり大学が担うまち保育 平本一雄
第7章 男性退職者のメンタルヘルス 和 秀俊
 コラム アクティブシニアの集結地やまゆり 平本一雄
補 論 まちのスケールでのウェブ調査のあり方について 小松史郎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新百合ヶ丘を中心とする川崎区麻生区で行われた街作りのレポート。麻生区が経験してきたさまざまなまちおこしの経緯と、その結果、評価を住民アンケートなどでまとめたものだ。麻生区の地理と歴史、商業、ポストコロナの郊外の役割変化、緑、音楽や映画などの芸術をテーマにした街作り、子育て、高齢者対策などなど。筆者は複数。都市計画や福祉などの学者が中心で、書き口は論文調で読みやすくはない。

    似たような郊外に住むものとしては、駅前の商業スペースに空き室があると気になるし、人の流れも混みすぎては嫌だが寂れてしまっても困る。歴史の浅いニュータウンや大規模団地は似たような世代の人がまとめて入居するので、みんなまとめて年を取り、限界集落みたいになってしまう例もよく耳にする。そうならないためには、地域の魅力を保ち、安定して新しい住民が引っ越してくるような街作りをして、住民の年齢や家族構成などの多様性を維持する必要があるのだろう。それは行政の仕事でもあるし、例えば東急や小田急などの私鉄沿線であれば鉄道会社の仕事でもあるが、何よりの利害関係者は住人だろうと思う。ぼくにも何かできることがあるんだろうか。

  • 川崎市麻生区での街づくりについて様々な観点で記した本。
    スケールが大きい話なので、丸ごと真似することができるようなケースはまずないだろうが、都市外縁部の歴史とこれからの在り方として参考になるところが多い。
    芸術とか緑とかひきこもりを引っ張り出す仕組みとか。
    家だけあってもダメなのだ。

  • 東2法経図・6F開架:318.7A/H65j//K

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1944年、岐阜県生まれ。東京都市大学名誉教授、工学博士、川崎新都心街づくり財団特別顧問。専攻は都市計画、都市史。著書に『世界の都市』(彰国社)、『東京これからこうなる』(PHP研究所)、編著に『東京プロジェクト』(日経BP社)、『環境共生の都市づくり』『高度情報化と都市・地域づくり』(ともにぎょうせい)など。

「2023年 『持続する郊外 住民主導のアーバニズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平本一雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×