写真家・熊谷元一とメディアの時代―昭和の記録/記憶 (写真叢書)

著者 :
  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787272058

作品紹介・あらすじ

戦争から敗戦、高度経済成長期という時代の流れのなかで、アマチュアに徹して長野県の農村の生活を撮り続けてきた熊谷の熱いまなざしを、聞き書きを交えて描写する。「記録」と「記憶」が交差する写真から浮かび上がる社会性・時代性を読む昭和の異貌。

著者プロフィール

1963年札幌市生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科退学静岡大学教育学部教授、博士(文学)大阪大学地域社会論、近現代文化史専攻著書に『写真家・熊谷元一とメディアの時代―昭和の記録/記憶』(青弓社)、『慰霊・追悼・顕彰の近代』(吉川弘文館)、『「家庭の味」の戦後民俗誌―主婦と団欒の時代』(青弓社)など。

「2017年 『まちづくりからの小さな公共性』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢野敬一の作品

写真家・熊谷元一とメディアの時代―昭和の記録/記憶 (写真叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする