オルガンの文化史 (復刊選書)

著者 :
  • 青弓社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787272164

作品紹介・あらすじ

明治期の日本にオルガンを導入した宣教師と、音色に魅了された若き音楽家や技術者たちの情熱──。西洋音楽導入の機軸であり、文化史・教育史だけではなく産業発達史にも重要な意味をもつオルガンの歴史を、膨大な史料を精読し、新しい視点からたどった労作。

著者プロフィール

1951年、札幌市生まれ。日本大学文理学部哲学科卒業。日本リードオルガン協会会長、日本オルガン研究会運営委員、洋楽流入史研究会会員、キリスト教礼拝音楽学会会員。ノンフィクション作家。共著『原典による近代唱歌集成』全10巻(ビクターエンタテインメント)、ほか。

「2006年 『オルガンの文化史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤井励の作品

オルガンの文化史 (復刊選書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×