ビエンナーレの現在―美術をめぐるコミュニティの可能性

  • 青弓社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787272393

作品紹介・あらすじ

2年に1度開催されるビエンナーレ=国際美術展とはどのようなイベントなのか。横浜トリエンナーレやアジア太平洋トリエンナーレなどを取り上げて、都市、美術、グローバリゼーション、市民参加などの視点から、社会的・文化的な意義を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の地方アートプロジェクトへの評価
    ・越後妻有トリエンナーレ
    ・横浜トリエンナーレ
    ・北九州国際ビエンナーレ
    ・アジア太平洋

  • 美術の力でコミュニティーを作ることができる!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1966年、青森県生まれ。東京工科大学デザイン学部准教授。専攻は20世紀美術、デザイン研究。著書に『美術館の政治学』(青弓社)、『現代美術のキーワード100』(筑摩書房)、『ル・コルビュジエ』(朝日新聞出版)、『自伝でわかる現代アート』(平凡社)、『世界のデザインミュージアム』(大和書房)、共編著に『ビエンナーレの現在』(青弓社)など。

暮沢剛巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 隆
マーク シェル
スーザン・ソンタ...
クレメント グリ...
美術手帖編集部
椹木 野衣
村上 隆
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする