これだ!オーディオ術

著者 :
  • 青弓社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787272546

作品紹介・あらすじ

たかがオーディオ、されどオーディオ。オーディオ自体への愛だけを語るのではなく、オーディオを使いこなして豊かな音楽生活を送るために活用できるワザを軽快な文章で披露して、オーディオとの付き合い方をとことん伝授する秘伝の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料番号:011081106
    請求記号:547.3ム

  • オーディオについての経験をつづった本。
    オーディオそのものだけでなく、オーディオにまつわる人と物、事に関する経験の記録。

    オーディオ人生を辿っている。
    先輩の経験として、後輩として読み込んでいくとよいかも。

  • 目次を見ると実に興味深いです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1958年、三重県伊勢市生まれ。東京学芸大学卒業。1989年暮れ、少年期に熱中したオーディオの世界に突如復帰。97年からはコスモヴィレッジのWebサイトおよび「A&VVillage」で江川三郎公開実験室を詳細レポート。やがてソフト記事(毎月購入する100枚以上のCDすべてに点数をつける)や製品評まで手がけるようになる。同時期に「stereo」では、オーディオフェアをレポート。音楽之友社の年末ムックでは、全国有名マニアの自宅をまわり、仲間たちのネットワーク作りにもいそしむ。2000年6月SACDプレーヤー導入後は「買えるかぎりのSACDソフトをすべて自腹購入するぞ」と宣言して、5年間それを継続。02年暮れには、ルーメンホワイトの国内初ユーザーとなる。03・04年、パイオニアカーサウンドコンテスト審査員(1日半で150台の車の音を採点!)。03年から08年、「stereo」主催自作スピーカーコンテスト審査員。11年からはスピーカー・クラフト記事も手がける。同誌では、中小メーカーでキラリと光る音の匠たちを紹介する連載「音匠列伝」も好評。

村井裕弥の作品

ツイートする