トポグラフィの日本近代―江戸泥絵・横浜写真・芸術写真 (視覚文化叢書)

著者 :
  • 青弓社
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273000

作品紹介・あらすじ

近代日本で都市や自然を写し取った江戸泥絵、横浜写真、雑誌メディア、芸術写真などのイメージ群を素材にして、場所を描く視覚表象=トポグラフィが流通したことで人々は環境をどう意味づけ、消費したのかをあぶり出し解明する視覚文化論。

著者プロフィール

佐藤 守弘(さとう・もりひろ)
1966年京都生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程(後期課程)退学。博士(芸術学)(同志社大学)。現在京都精華大学デザイン学部教授。専攻は、芸術学、視覚文化論。著書に『トポグラフィの日本近代――江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』(青弓社、2011年)など。

「2020年 『開封・戦後日本の印刷広告』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤守弘の作品

ツイートする