現代美術キュレーターという仕事

著者 :
  • 青弓社
3.33
  • (1)
  • (9)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273161

作品紹介・あらすじ

展覧会を企画・運営して作り上げるプロフェッショナルであるキュレーター。「学芸員」からグローバルで今日的な「キュレーター」へという1950年代から現在までの日本での変遷を追い、時代の新たな価値観を創造するキュレーターの魅力を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とってもよかったです。キュレーターがどういう仕事か、日本では一般の人にはよく知られていないので、こういうきちんとした本で知らされるのはとても意義があると思いました。しかも引用元や資料など注付きで明記されていて、とてもよい本づくりだと思いました。しかも非常にわかりやすいです。

  • キュレーターの仕事内容や意義を、戦後から現代にいたるまでの美術館の歴史と合わせて解説していく。とても面白かった。

  • 歴史をたどる面白さはあったけれど、まとまってなくてわかりにくかった。
    表とか目に見えるものもっとあればいいのに。

  • 請求記号・706.9/Na
    資料ID・310007216

  • キュレーターの歴史を知れたのは面白かった。
    誰かがこんな風にまとめていって、発表していかなきゃいけないんだなぁと感じた。膨大な資料から細やかに変遷を追ったのはいいと思うんだけど、なんとなく物足りないと感じたのは私が速く読み進めてしまったからだろうか。。

  • 旧来の美術館は「美術の墓場」。
    2000年代からの課題は「開かれた美術館」。
    それはポンピドゥーセンター開設時の美術館像。

    コレクションの展示ではなく、企画を展示する場としての美術館に。
    企画実行最高責任者であるため、キューレーターは美術館に1人しかいない。

    1970年、上野公園の歩道を全て布で覆うというクリストの世界初のプロジェクトは公園管理者の「通行人が布に足をからませて転ぶ」との反対で中止になった。

  • キュレーターってどういう仕事なのか?本当のキュレーターとは?それよりも日本の学芸員は一人で色々なことをこなしていることにびっくりしました。
    学芸員・キュレーターの歴史から詳しく書かれています。アート勉強していないので知らない作家の名前がわんさか出てきてその辺は頭に??がいっぱいでしたが、非常にわかりやすいまとめられ方なのではないかと思います

  • キュレーターって言葉を見かけるようになってはきたが内容の理解まで進んでない、という問題提起から入ってく本。

    日本語の「学芸員」というのはカバーする範囲が広すぎるらしい。
    コンサバター(作品保存)
    エデュケーター(教育普及)
    レジストアー(作品の貸し借りなど)
     広報やカタログの出版なども分離してるし大きい館なら資金調達などでディベロップメントって部門があったりする(p18)
     …など海外では分離してる仕事が全部学芸員の範囲にはいってくるらしい。自虐的に「雑芸員」っていう人もいるとか。そらわけたほうが効率良さそうですね。

    日本ではキュレーターなしでも展覧会ができるような体制が最初から整っていったっていうのも大きいらしい。キュレーターは最初からキュレーターにしか出来ない仕事が求められてるのね!

    美術の展示が美術館を飛び出して、外壁とか、まちのなかにまででていくようになるとキュレーターには市とか警察とかに許可取りに行くとか地域の人の理解を得る、とかも仕事のうちにはいってきて、コミュニケーション力も求められるようになっていく。
    海外でも美術館のキュレーターはなかなか外で企画展するっていうのはできない)してない?)フリーの人が多い。
    分類上の「その他」に直モクした企画展もやったり、柔軟な発想で取り組んでいきたいね。
    …後半の感想が投げやりに…

    キーワード


    開かれた図書館

    ハラルド・ゼーマン

    中原佑介
    リチャード ゼウ
    ジョゼッペ ペノーネ
    クリスト(梱包の人)

    クンストハレ(収蔵せず企画展中心の美術館)
    ナムジュン パイク
    アンフォルメル
    センス(ナンスかも?)クネリス

    INAXギャラリー
    p73ってなにかいてあったけ

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784787273161

  • 知らないことだらけのキュレーターの日本での現状
    学芸員とは違うなん初めて知った。

    現代美術は苦手な分野だけど
    情熱をもって取り組んでいた人たちの
    その感性を受け止められるようになりたい。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

キュレーター。東京都現代美術館学芸員を経て、展覧会などの企画運営をおこなうI plus Nを設立。著書に『現代美術キュレーターという仕事』、共編著に『ビエンナーレの現在』(ともに青弓社)。企画した主な展覧会に「こどものにわ」(東京都現代美術館、2010年)、「呼吸する環礁(ルビ:アトール)――モルディブ‐日本現代美術展」(モルディブ国立美術館、マレ、2012年)など。札幌国際芸術祭2014プロジェクトマネージャー(学芸担当)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014キュレーター、「“TOKYO”――見えない都市を見せる」共同キュレーター(東京都現代美術館、2015年)。

「2015年 『現代美術キュレーター・ハンドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

難波祐子の作品

現代美術キュレーターという仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする
×