ヒップホップ!: 黒い断層と21世紀

著者 :
  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273321

作品紹介・あらすじ

ヒップホップが語る「リアル」とは何か。移民の血を継ぐアメリカのラップ、生きるために移民を強いられたアフリカやアジアのラップ、非移民者の言葉である日本のラップ。国境を超えて五大陸に伝播し再生産されてきたラップが描く世界の「断層」を熱く追う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【選書者コメント】ヒップホップ!「文科系のためのヒップホップ入門」とあわせて
    [請求記号]7600:1058

  • ヒップホップの初期衝動!時、70年代初頭。場所NY。DJ・ラップ・ダンス・グラフィティからなるヒップホップが浸透した。ギャングが関わり、反社会的行為となった。政治的な文化にならざるをえなかったヒップホップ。<ヒップホップ!黒い断層と21世紀>で学び、<ヒップホップの政治学 若者文化によるアメリカの再生>で未来を見る。オバマ・ガガ・ニッキー・Banksy…。現代を生きる彼ら・我々はヒップホップなのだ!!!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1950年、東京生まれ。商社勤務で東欧各地に駐在。退社し帰国後、音楽評論および1998年からジプシーの取材・執筆活動を展開。桜美林大学講師。主な著書に『ジプシー・ミュージックの真実』『オリエンタル・ジプシー』(青土社)、『ジプシーを訪ねて』(岩波書店)、『ヒップホップ! 黒い断層と21世紀』(青弓社)、『ユダヤ・リテラシーの視界 アブラハムはディズニーランドの夢を見たか』(現代書館)、『ベリーダンス 伝統と革新のあいだで』(彩流社)ほか。

「2016年 『トルコ音楽の700年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関口義人の作品

ツイートする