韓国映画を作った男たち: 一九〇五―四五年

  • 青弓社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273413

作品紹介・あらすじ

植民地下の韓国映画界は、日本と朝鮮総督府の厳しい検閲をかわしながら次々と新作を公開した。検閲との闘い、美男美女スターの登場と恋愛スキャンダル、大スター羅雲奎をめぐる数々のエピソードと臨終記など、韓国映画の制作者たちを生き生きと描く裏面史。

著者プロフィール

本名:安龍熙。1902年、ソウル生まれ。20年代、革新団の連鎖劇『長恨夢』で女役として俳優デビューの後、尹白南の民衆劇団で幹部として活躍。22年、会寧で劇団芸林会を組織し、そこで無名の羅雲奎と出会う。24年、朝鮮キネマ第1回作品『海の秘曲』で主役として映画デビュー。27年、李慶孫・金乙漢らと朝鮮映画芸術協会を発足させ、28年に朝鮮文芸映画協会を組織した。『故郷』で監督デビューし、併合下では『花商売』『歌う季節』『青春の十字路』『銀河に流れる情熱』『人生航路』など、解放後は『愁雨』『千秋の恨』などの監督作品がある。著書に『新劇史物語』がある。1966年に没。

「2013年 『韓国映画を作った男たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×