映画系女子がゆく!

著者 :
  • 青弓社
3.50
  • (3)
  • (12)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273628

作品紹介・あらすじ

女子にまつわるさまざまな視点から映画作品を読み解き、描かれる女性たちの喜びや性、あるいは生きづらさ、自意識との葛藤、孤独、恋愛の苦しみといった心情を浮かび上がらせる。当社Web連載に5本の書き下ろしと映画解説を加えた決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『映画秘宝』界隈でライターとしてレビューを書いている真魚八重子さんの映画を題材にしたエッセイ。
    いつもいわゆる『秘宝』系のオタク男子が好むような映画のレビューを書いている真魚さん。今回は趣向を変え、映画における‘文化系女子’の生態について、アラフォーの‘文化系女子’としての立場から、彼女たちの心情をメインに考察している。通常の批評にある「演出が~、カメラワークが~」というような表現は避けられているので、登場人物たちに感情移入して映画を観ることがメインの人におすすめ。
    取り上げられる映画は超メジャーではないものの、レンタル屋さんにおいていそうなものも多く、『ヤング≒アダルト』『ゴーストワールド』などそのものといった映画から、ロマンポルノの『天使のはらわた 赤い教室』、トリフォー、エリック・ロメールなどの巨匠まで。
    『グッモーエビアン!』のところだけ毒舌だが、あとは大体彼女たちの心に寄り添った文章。

    巨匠たちの名作も、おびえずに自分目線で観てみようと思いました。

    ‘「めんどくさくない女なんていない」’
          ~著者の友人のTwitterでの言葉~

  • 私が映画をむさぼるように
    見ていた時代では
    「なんで こんな馬鹿なことするの」
    という感想でしかなかった作品が
    この本を読んで なるほど 
    「ああ わかるよ」と思う。
    色々失敗して 恥ずかしい思いをして
    一周ようやく回ったかな

  • 「女子向け」映画よりも男子の映画を好んで観てきたのは、自分が恋愛や結婚に興味がなく、ほとんどそれをスルーしてるのにわざわざ追体験したくないってー理由がある。だけど、この本に取り上げられている映画の女子たちは、恋愛や結婚を含めた、女子たちが直面する現在に苦しんだり立ち向かったりしている子たちばかりで、少なからず心当たりもあって胸に刺さる。でも絶望ばかりじゃないし、救われる作品だってある。そこがいい。

  • 女子向けのようだが男でもこんな映画があるのかと興味持って読める。ただ気になる作品は入手しにくかったりする。成瀬喜巳夫の作品が意外とゲスいと分かり見たくなった。

  • 武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000124917

  • 778

  • とっても普通の映画エッセーでした。

  • うーん、通勤電車で読むには適さない本f^_^; 映画のレビュー自体はすごく興味深いんだけど、観たいと思えない映画ばかり(^^;; 観ると神経やられそうな映画ばかりだ(^_^;)

  • 女性は複雑だな

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

映画評論家。愛知県生まれ。共著に『鮮烈!アナーキー日本映画史1959~1979』『金田一耕助映像読本』『映画秘宝EX 映画の必修科目』シリーズ(いずれも洋泉社)、『戦う女たち――日本映画の女性アクション』(作品社)、『日本映画は生きている(5) 監督と俳優の美学』(岩波書店)など。

「2014年 『映画系女子がゆく!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真魚八重子の作品

映画系女子がゆく!を本棚に登録しているひと

ツイートする