現代美術キュレーター・ハンドブック

著者 :
  • 青弓社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787273819

作品紹介・あらすじ

魅力的な展覧会を企画して、時代の新たな感性を提案するキュレーターという仕事。その醍醐味を紹介しながら、仕事の実際の姿を実務的な展覧会の企画から実施までの流れに沿って具体的に解説する。アーティストとの契約書の雛型など資料も充実の手引書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すけらんさんおすすめ

  • キュレーターの方々のお仕事を外縁から理解しようとする者にとっても役立つ内容でした。
    美術品の修繕についても書かれているとなおありがたい。

  • 4〜5

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

キュレーター。東京都現代美術館学芸員を経て、展覧会などの企画運営をおこなうI plus Nを設立。著書に『現代美術キュレーターという仕事』、共編著に『ビエンナーレの現在』(ともに青弓社)。企画した主な展覧会に「こどものにわ」(東京都現代美術館、2010年)、「呼吸する環礁(ルビ:アトール)――モルディブ‐日本現代美術展」(モルディブ国立美術館、マレ、2012年)など。札幌国際芸術祭2014プロジェクトマネージャー(学芸担当)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014キュレーター、「“TOKYO”――見えない都市を見せる」共同キュレーター(東京都現代美術館、2015年)。

現代美術キュレーター・ハンドブックのその他の作品

1-B07B4BK8WZの詳細を見る Kindle版 1-B07B4BK8WZ 難波祐子

難波祐子の作品

ツイートする