表現のエチカ 芸術の社会的な実践を考えるために

著者 :
  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787274274

作品紹介・あらすじ

芸術家は、なぜ、自らの表現を発表することで社会に何かを知らせようとしたり、自らの表現を歴史化しようとするのか。
いまや世界中で一般的になっているインスタレーション、ミックスドメディア、パフォーマンス、インプロビゼーションなどの現代芸術特有の表現形態、さらにはトリエンナーレや芸術祭などのプロジェクト型の芸術活動なども、「行為の芸術」としてのインターメディアという考え方を基本にしている。いわゆる現代美術は、「行為の芸術」の社会実験としての役割を果たしてきた。だからこそ、政治、経済、科学技術、福祉あるいは環境とも関わらざるをえない。

本書は、「行為の芸術」としてのインターメディアを出発点として、「芸術とは何か」「芸術が存在する世界とは何か」という問いと向き合った論考である。とりわけ、同時代芸術で発揮されているさまざまな表現の実践を、エチカ=倫理の観点から論じる。

目次
序 章 芸術を取り巻く条件
第1章 表現衝動と社会実践
第2章 資本主義リアリズム
第3章 路上の倫理学
第4章 ポスト・アーカイブ型アーキテクチャをめぐって
第5章 歓待のゲーム

著者プロフィール

1959年、長崎県生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授。図書館情報大学大学院修士課程修了。ピッツバーグ大学客員研究員、東京造形大学造形学部助教授、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助教授などを経て現職。専攻はメディア論、芸術実践論、図書館情報学。著書に『人間交際術――コミュニティ・デザインのための情報学入門』(平凡社)、『東京ディズニーランドの神話学』『メディア論的思考――端末市民の連帯意識とその深層』(ともに青弓社)、『インタラクティヴ・マインド――近代図書館からコンピュータ・ネットワークへ』(岩波書店)、『図書館建築の図像学』(INAX)、監修に『美しい知の遺産 世界の図書館』(河出書房新社)など。

「2020年 『表現のエチカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂英史の作品

ツイートする
×