映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験

著者 :
  • 青弓社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787274304

著者プロフィール

大東文化大学社会学部講師 専攻=メディア研究
「統制の映画配給――戦時下日本におけるメディア・インフラストラクチャーの再構築」(遠藤薫編『日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア――政治思想と大衆文化』勁草書房、2019年)
「オフ・スクリーンの映像文化史――大正・昭和期の複合施設型映画館」(光岡寿郎・大久保遼編『スクリーン・スタディーズ――デジタル/メディア時代の映像経験』東京大学出版会、2019年)

「2019年 『戦時下の映画 日本・東アジア・ドイツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤和都の作品

映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする