戦後変格派・山田風太郎―敗戦・科学・神・幽霊

著者 :
  • 青弓社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787292117

作品紹介・あらすじ

怪奇・幻想・エロ・猟奇・SF的要素などの作品の奇想、風太郎自身の敗戦の記憶や死生観・ニヒリズム、敗戦から高度成長へという時代状況の3つの視点から『忍法帖』などの作品を読み、「戦中派・風太郎」をジャンルを超えた「戦後変格派」として復権させる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで頭の中で曖昧模糊としていた山田風太郎感が、整理され再認識できたような気がしました。例として挙げられたテキストも詳細な解説付きなので、未読作でもたいへんわかりやすかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1964年、東京生まれ。日本近代文学研究者。茨城大学人文学部教授。著書に『戦前戦後異端文学論』『怪談異譚』『戦後変格派・山田風太郎』『変格探偵小説入門』、共著に『闇のファンタジー』など。

「2018年 『定本 夢野久作全集 第5巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷口基の作品

ツイートする