顔の剥奪: 文学から〈他者のあやうさ〉を読む

著者 :
  • 青弓社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787292360

作品紹介・あらすじ

「顔色をうかがう」「顔に出る」「顔を突き合わせる」――顔は身体の一部であるとともに、「他者と共に在る」ことを可能にしている器官でもある。顔の不在を物語る村上春樹や多和田葉子の作品から、他者と向き合う困難と可能性を描き出す文学批評。

著者プロフィール

1962年、東京都生まれ。法政大学社会学部教授。専攻は理論社会学、文化社会学。著書に『村上春樹と物語の条件――『ノルウェイの森』から『ねじまき鳥クロニクル』へ』『「心の闇」と動機の語彙――犯罪報道の一九九〇年代』『顔の剥奪――文学から〈他者のあやうさ〉を読む』(いずれも青弓社)、『眼の奥に突き立てられた言葉の銛――目取真俊の〈文学〉と沖縄戦の記憶』(晶文社)、訳書にアーサー・W・フランク『傷ついた物語の語り手――身体・病い・倫理』(ゆみる出版)など。

「2021年 『郊外の記憶 文学とともに東京の縁を歩く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木智之の作品

ツイートする
×