残酷の映画の源流

制作 : Andr´e Bazin  佐藤 東洋麿  西村 幸子 
  • 新樹社 (2003年11月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787585158

残酷の映画の源流の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランスの映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」の創刊者であり、フランスソワ・トリュフォーを育てた映画評論家、アンドレ・バザンによる映画評論本。エンリッヒ・フォン・シュトロンハイムやハワード・ホークス、ヒッチコックなど質の高い作品を作りながら、アメリカの映画評論家たちからはあまり高い評価を受けていなかった監督を作家性の観点から分析し、正当な評価をつけている評論本である。"残酷な"と書かれているのだが、別に暴力的なものの作品を取り扱っているわけではなく、作品に描かれている本質をバザン的な視線で描かれた今読んでも、新鮮で評論本だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

アンドレ・バザンの作品

残酷の映画の源流を本棚に登録しているひと

ツイートする