鬼のかいぎ―新・今昔物語絵本

著者 :
制作 : よしなが こうたく 
  • 新樹社
3.57
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784787586124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだこれ?
    伝えたい事は理解できるけど、伝え方が上手くないよね。

    絵はなかなかの迫力でした。

  • 妖怪とかブームですが、大昔から人は鬼や魔物たちと共存して生きてきた。
    心優しい鬼たちは、人間を傷つけることなく、静かに、人間たちが愚行を改めるよう、訴えている。
    いつか、我慢できなくなったら、本当に鬼たちがが大暴れするかも。
    というおはなし。
    鬼たちの様子は、今昔物語から取り入れているようです。
    心優しい鬼たちという設定が、新鮮でした。

  • 11分半

  • 物を大切にしないと、鬼がでるよ!

  • 平安時代、人間によって大きな木が伐られたけれど百鬼たちは人間と争わず、人間が過ちに気付くまで辛抱強く教え、人間もそれがよくないことだったと気づいた。
    しかし、今では人間たちは百鬼を見ることすら出来なくなってしまったのでそれには気づかず、自然を破壊している。
    自分たちの首を絞めることになっているとも気づかずに。
    それでも、百鬼たちはまだ100年1000年と気付かれるのを待っている。

    今昔とかの説話をもとに創った話らしい。

    水の神様が千と千尋の腐れ神を間違われた神様にみたいなお面だったので、千と千尋のも全くの創作ではなかったのだなと思った。

  • 昔、人間が自然を壊すと百鬼が出てきて、その行いをやさしくいさめていた。しかし、今となっては百鬼が見える人間はいなくなり、自然破壊も止まらない。
    百鬼の声は人間に届かないのだろうか。

  • 読み終わった後に、心になにか伝わってくる絵本です。人間は愚かといいますか、傲慢というか・・・。絵の怖さも又いい味出しています。

  • 2011年10月3日

    DTP/中山直美

  • 絵の力強さが際立ち、森、物の怪、人間の関係をわかりやすく子供に伝えている。やや説明くさいというか説教くさい内容が少し残念、僕はもっと読者をつきはなしたものが好きだな、昔ながらの民話のように。3歳児も絵の怖さにひかずちゃんと鬼の本来の意味を理解していた。

  • 10分9秒。元気と3回読み合った本。絵:よしながこうたくワールドがひろがる。自然界の中での人間のポジションどりを鋭く示す。立松和平の環境警鐘の1冊。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家。1947年、栃木県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞受賞。宇都宮市役所に勤務の後、1979年から文筆活動に専念。1980年『遠雷』で野間文芸新人賞、1997年『毒——風間・田中正造』で毎日出版文化賞受賞。行動派作家として知られ、近年は自然環境保護問題にも積極的に取り組む。

「2006年 『ブッダの道の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立松和平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
くすのき しげの...
ヨシタケ シンス...
よしなが こうた...
かがくい ひろし
ヨシタケシンスケ
岡田 よしたか
蜂飼 耳
くすのき しげの...
長谷川 義史
デビッド マッキ...
tupera t...
湯本 香樹実
マージェリー カ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする