微生物の図鑑―ミクロの世界の住人たち

制作 : 造事務所  荒井 和人 
  • 新樹社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787586599

作品紹介・あらすじ

発酵食品をつくるものや、医薬品になるもの、病気をひきおこすものなど…50種類以上の微生物を、キャラクター化して紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新刊、できます!
    六月30日にーー。
    理系でない人でもちゃんと理解できる、微生物の本です。

    微生物は、微生物という名前の生き物はいなくて、目に見えない小さいものをぜーんぶ、微生物っていうんだよ、というのを知って、えええっ?!
    そんな無茶な!
    と思ったのと、細菌とウイルスの違いがよくわかんないなぁ、と思ったのがきっかけです。
    おかげでとてもよくわかるようになりました(^_^)。

    微生物がわかるようになるとパンや味噌の発酵も、抗生物質が効く病気と効かない病気があるのはなぜなのかも、わかるようになります。
    微生物は、生活に直結しているのです。
    だから、これは普通の人に(子どもを育ててる人は特に!)必要な知識だよ。

    アニメーターの荒井くんのイラストがめちゃ可愛いです。

    みんな買ってね!
    リクエストしてね!

    これは必要な知識なんです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松本生まれ、千葉育ち。
法政大学英文科卒。
1984年、“本の探偵”でデビュー。
現在は、子どもの本や文化の紹介、ミステリの紹介・書評に活躍中。
好きなものは、温泉と民族伝統芸能と美味しいゴハン。
著書
『こちら本の探偵です』(径書房)
『子どもの本とごちそうの話』(径書房)
『魔女のよせなべ』(径書房)
『かんこのミニミニヤング・アダルト入門1・2』(リブリオ出版)
『この本読んだ?おぼえてる?』(フェリシモ出版)
など

「1988年 『魔女のよせなべ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤木かん子の作品

ツイートする