男の介護―認知症介護で困っているあなたに

著者 :
  • 新泉社
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787710192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 施設に入れるのも、順番があり、経費も掛かる。親を施設に入れるのは心苦しい。
    男が自宅で親を介護するのは、相当の労力と時間が掛かる。
    (図書館)

  • なんらかの介護・支援を必要とする認知症高齢者の数は、2015年までに250万円になると予想されている わが母、スガ婆介護日記が面白かった 一生懸命遊び、一生懸命介護する 明日のことは考えず、今日を大切に生きる 感謝の気持ち 

  • 認知症の在宅介護は、難しい。しかも男の介護者が増えているのだ。
    勤めていたころに身に付いた「システム化」を図ることで、介護につぶされない生活を手に入れている人の事例が卓抜。

  • 定年退職後、親や妻の介護をする男性の実例を紹介している。いざ自分がと考えながら読んでいたが、前向きに介護をしていく姿を知ることができ、少し安心させられる部分も多い。
    介護する側が健康であるための努力や自分の時間を持って精神的な健康を保つことが、永く在宅介護を続けていく上で大切であることがわかった。

全4件中 1 - 4件を表示

中村和仁の作品

男の介護―認知症介護で困っているあなたにを本棚に登録しているひと

ツイートする