デリダ、ルーマン後の正義論―正義は〈不〉可能か

制作 : グンター・トイプナー  Gunther Teubner  土方 透 
  • 新泉社 (2014年3月26日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787714053

作品紹介・あらすじ

正義とは何か?正義はどう語りうるのか?脱構築の正義(デリダ)、偶発性定式としての正義(ルーマン)、両者の遺した学問的成果から、われわれはつぎに何を語れるのだろうか。社会において正義を可能にするもろもろの道具立てを描出し、正義の社会理論の"不"可能性を問う。

デリダ、ルーマン後の正義論―正義は〈不〉可能かの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:321.3//Te91

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784787714053

全2件中 1 - 2件を表示

グンター・トイプナーの作品

ツイートする