仏教文学の構想(新典社研究叢書 99)

著者 :
制作 : 今成 元昭 
  • 新典社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (622ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787940995

著者プロフィール

1925年、東京に生まれる。1948年、早稲田大学文学部国文学専攻科卒業。1949年、私立東京立正高等学校教諭。1951年、早稲田大学文学部大学院(旧制)修了。1963年、国士舘大学専任講師。1966年、国士舘大学文学部助教授。1973年、国士舘大学文学部教授。1980年、立正大学文学部教授。1983年、文学博士(早稲田大学)。1999年、立正大学名誉教授。
主要著書・編著書
『平家物語流伝考』(風間書房、1971年)、『宗教と文学』(秋山書店、1977年)、『NHKブックス・仏教文学の世界』(日本放送出版協会、1978年)、『日蓮のこころ』(有斐閣、1982年)、『暮らしに生きる仏教語』(有斐閣、1985年)、『挫折をこえて 日蓮』(講談社、1989年)、『日蓮聖人全集 第七巻 信徒二』(春秋社、1992年)、『方丈記(付)発心集(抄)』(旺文社、1994年)、『仏教文学講座』全九巻(共編、勉誠社、1994~1996年)、『仏教文学の構想』(編著、新典社、1996年)、『『方丈記』と仏教思想』(笠間書院、2005年)ほか

「2015年 『今成元昭仏教文学論纂』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今成元昭の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×