のたれ死にでもよいではないか [新典社新書]

著者 :
  • 新典社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787961044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主語が誰か分からなくなる部分はあったものの、のたれ死んだ作家の話自体は面白かった。

  • 藤澤清造がどんな人か知りたかったので読みました。

    本書を読むまで、種田山頭火以外は知りませんでしたので、非常に勉強になりました。

  • [ 内容 ]
    知られざる作家たちの生と死―大泉黒石・森清秋・永見徳太郎・種田山頭火・藤澤清造・松原敏夫―評価されないまま、世間に埋もれ死んでいった六人の文人たちがのこしたことば、ドラマチックな人生を、その強烈な人間性・作品に魅せられた著者が鮮やかに描き出す。

    [ 目次 ]
    志望なんぞあるものかね―大泉黒石
    大切な母をどこへ連れていった―森清秋
    長崎銅座町の殿様―永見徳太郎
    ころり往生はわが願い―種田山頭火
    のたれ死にでもよいではないか―藤澤清造
    一度くらいウソをつかせろよ―松原敏夫

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なかなか面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

怪奇文学・伝承文学・近現代文学研究者。相模女子大名誉教授。著書・編著に『怪談実話集』『新編百物語』『戦前のこわい話』『江戸の都市伝説』など。

「2021年 『実話怪談 幽霊百話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志村有弘の作品

のたれ死にでもよいではないか [新典社新書]を本棚に登録しているひと

ツイートする
×