老いと死のフォークロア―翁童論2 (ノマド叢書)

著者 :
  • 新曜社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788503649

作品紹介・あらすじ

現代ほど老いの聖性と死の尊厳の失われた時代もない。老いと死のイメージの変容をマンガ、映画、音楽、小説、神話等のなかにさぐり、の問題として大胆に提示。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『翁童論―子どもと老人の精神誌』(1988年、新曜社)の続編です。文学作品や映画、音楽など、前著以上に多様な領域にわたって、著者の自由な思索が展開されているエッセイ集といった内容で、とくに老いが死に近いところにあることに注目して、われわれの生の日常的なとらえ方をひっくり返すような議論がなされています。

    空海の思想から「速度」というテーマをとりだし、身体的な次元におけるイリンクスに一種の宗教性を見ようとする議論は、それなりに興味深いと感じました。ただ、密教に身体性というテーマを見いだすことはたしかに可能だとは思いますが、それを大乗仏教の根本的な思想とみなすことが果たして可能なのだろうかという疑問をいだきました。わたくし自身は、道元の「有時」、およびそれに関連して禅における「頓悟」の時間性に、大乗仏教の中心的な思想を求めたいと考えています。

    その意味で、著者が西谷啓治のニーチェ批判に対して反論を試みているのも、わたくしには首肯しがたいもののように感じられます。とりわけ密教を重視する著者の仏教理解には、身体性という次元への固執が見られますが、それを否定するところに大乗仏教の思想的な意義を認めるべきなのではないでしょうか。その意味で著者は、「生の哲学」の枠組みのなかで理解されたかぎりにおけるニーチェの思想の限界を指摘するとともに、大乗仏教の思想によって自己への返照の道筋を示そうとした西谷の宗教哲学の意義を見落としているのではないかという疑念をいだいています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年、徳島県生まれ。國學院大学文学部哲学科卒。武蔵丘短期大学助教授。著書に『神界のフィールドワーク』『記号と言霊』(青弓社)、『翁童論』『老いと死のフォークロア』(新曜社)、『場所の記憶』(岩波書店)他。

「年 『記号と言霊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田東二の作品

老いと死のフォークロア―翁童論2 (ノマド叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする