単一民族神話の起源―「日本人」の自画像の系譜

著者 :
  • 新曜社
3.60
  • (21)
  • (33)
  • (65)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788505285

作品紹介・あらすじ

民族というアイデンティティをめぐる考察。多民族帝国であった大日本帝国から、単一民族神話の戦後日本へ。台湾侵略から100年、戦後50年のいま、明治から戦後までの日本民族についての言説を集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくが歴史に詳しければ、もっとちゃんと読み込めたと思うけど、日本の戦前に混合民族の思想があったのは知らなかったので驚いたのと、単一や混合も含めた同胞意識の変な方向の肥大化には、人の善意が暴走した怖さも感じた。

  • 大日本帝国は単一民族の国家でもなく、民族主義の国でもない…我々の遠い祖先が或はツングウスであり、蒙古人であり、インドネシア人であり、ネグリイトであることも学者の等しく承認しているところであるし・・・・
         1942年 総合雑誌

    日本民族はもともと単一民族として成立したものではない。
         1942年 文部省社会教育局
    p3

    1895年に台湾を、1910年に朝鮮を併合
    総人口の3割におよぶ非日系人が臣民として大日本帝国に包含されていた。

    一億火の玉の「一億」は、朝鮮や台湾を含めた帝国の総人口であり
    p4

    国際法学者 大沼保昭
    『単一民族社会の神話を越えて』
    ①江戸時代には藩や村の一員という意識はあっても「日本人」という意識はなかった。そういう意識は、明治維新以後のもの。
    ②日本民族の誕生そのものがユーラシア大陸と南方の島々の種族の移住、混血、雑婚の産物
    p6

    不特定多数の意識を研究したものとして、ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を例に、社会学と歴史学のアプローチのちがいを述べたい。
    p9

    本書は、社会学者からみれば細かすぎ、歴史学者や思想史家には大風呂敷の空論にみえるかもしれない。
    だが、アメリカ社会学会長でもあったI・ウォーラーステインの世界システム論、E・サイードのオリエンタリズムなど、分野をこえて評価をうけているものは多数ある。
    p12

    ジュール・ヴェルヌ『八十日間世界一周』日本人は顔色も容貌も多様である。
    ブルーノ・タウトの日記にも、日本人がきわめて多様な容貌の集合体と書かれている。
    p23

    日本の多くの論者が混合民族論を受け入れたのも、家族制度における血糖のあいまいさと無関係ではないかもしれない。そこでは、イエとしての祖先が連続しているかぎり、血統は二次的である。系譜の長さを誇る名家でも、祖先に養子が入っていることは家計の傷にならない。祖先の評価基準は、血統よりも、どれだけイエに貢献したかである。
    p382

    本書の結論はいたって単純だ。神話に対抗するためには、神話から脱却すること。
    ・・・・
    異なる者と共存するのに、神話は必要ない。必要なのは、すこしばかりの強さと、叡智である。
    p404



    本書は、著者が1994年に提出した修士論文。
    p449

  • 明治中期から戦後までの日本民族論の変換。単一民族論は戦争末期に浮上した論調であり、それまでは先住民族や大陸からの帰化人が融合した混合民族論が主流だった。これを国体に取り込み、朝鮮台湾支配の同化政策を正当化する。なんという身勝手さ。戦局が不利になると途端に単一民族論へ、象徴天皇制論へと翻る。学説の殆どが記紀から派生し、フィクションととるかノンフィクションととるかでどうにでも捻じ曲げる。学者は政治に巻き込まれる。資料の羅列で面白味に欠けるが有意義な読書だった。大日本帝国と同じ轍を踏まぬよう心掛けねばならない。

  • 単一民族という虚構について語るというよりは、殆どが日鮮同祖論についての話です
    多少資料の恣意的な取り上げ方はあると思うが、類書の少なさからいって、出来れば一度は目を通してみるべき本だと思います

  • そもそも、40代でこれだけの論文を書けるものなのか。

    日本人は単一民族か、それとも混合民族か。二つの自画像がどこでどのようにして生まれ、いつ誰に意図され、醸成し、そして「神話」へと成り下がっていったのか。その過程を、著者は膨大な資料を通して丁寧に解いていく。

    「マイノリティの擁護のため生み出されたものが、結果として侵略の論理となるという悲劇があらわれている」

    進歩のナショナリズムが、後に抑圧のナショナリズムになるという矛盾。この矛盾に挑む作業において、あえて主義に染まらず分析に徹した小熊の手法は、単一民族のアンチテーゼとして混合民族論を掲げるような、安易な二項対立では決して到達できない地平からのメッセージである。

    「異なる者と共存するのに、神話は必要ない。
    必要なものは、少しばかりの強さと、叡智である」

    個人レベルではともかく、国というバックグラウンドを背負っての健全な相互関係を模索する上で、これほど示唆的な言葉はない。

  • まるで子供のようだ。日本に到着し、始めて日本人に接した時の、マッカーサーの言葉だ。この言葉の通り、日本人が文明開化をしてからの議論、またその論調の中に、いかに、このことが顕れているかが、この本を読んで理解できた。

  • 「日本人はどこから来たのか?」「日本人のルーツは?」
    「日本人は単一民族か混合民族か?」の言説がどのようにして生まれて、
    どのようにして世論・一般論として形成されて、
    そして常識となって定着して、どのように歴史に影響したかを膨大な資料から検証した本。

    彼の著書に一貫してみられる、
    「過去の人物の言動を、現在の視点から断罪することを避ける」
    スタンスに好感が持てます。

  • タイトル通りの内容です。
    「歴史」は「神話」と親和性を持つことを物語る内容は、とても興味深いです。聞くところに寄ると、この本は著者の博士論文がベースとなっているようです。そのためか、ガツガツと歴史資料が並べ立てられ、取っつきにくい印象があります。ただ、たたみかけるような後半の考察は、とても面白く読めました。なるほど、と。
    近現代日本史、または歴史そのものに興味ある方、どうぞ。

  • ★人間は自分の望む主義主張を信奉し、その時々に応じてまったく正反対の理屈さえこねる。自分を正当化し、自分の行為を強引に肯定するために。戦前から現在に至るまで、この国にずっと一貫しているのは、ありもしない「理想的な自画像」を思い描くためにあらゆる事象を都合よく捻じ曲げていこうとするナルシスティックな傾向が見られるということ。
     ……しかしこれで修士論文だってのもすごいな。去年編纂させてもらった某大大学院の修士論文集の中身のなさとは雲泥の――げふんげふん!

  • 2014.10記。

    日本は単一民族国家ではない、多民族国家である(あるいは日本人は混合民族である)、という思潮はむしろ国家としての版図の広かった戦前のほうが強かった。民族主義的な観点から「日本人は単一民族」と主張した学者の著作は発禁処分になってしまった。
    そして、戦後の一時期、この学者の主張は「軍部の弾圧に耐えながら日本は単一民族国家だと主張した」と解釈され、左派系知識人から大いに支持されたらしい。

    一見自明とも思える「日本人とは何か」、について、江戸時代の新井白石に始まり現代に至るまで、その時代時代において現在の「感覚・常識」とは異なる多くの主張が展開されていたことに驚きを覚える。

    恐ろしく大部だが、興味深い一冊。

  • だーっ
    読み終えた
    かなり、時間がかかった
    電車移動中に読むにはきつい本だった
    しかし、これは素晴らしい読書だった
    良心だ
    結論が凄い
    この400ページのあとに、こういう結論を出せるかと思った
    だとすると、この人は凄いことを考えてる
    と、思ったら、あとがきにそう書いてあった

    感動の結論を極端にして要約して書くと、
    「単一民族神話も混合民族説も、言ってたことは全部、ロールシャッハだ、だから神話なんだ」
    と。
    思わずジムジャームッシュのパーマネントバケーションの冒頭の星座の話を思い出したら、そのあとに、星座だって書いてあって我が意を得たりってやつでした
    名著

  • 【要約】
    ・正剛「日本という方法」P11。明治時代、日本は多民族国家と考えられていた(P11)とは興味深い。一体、いつ変わったの?どういう経緯で?

    【ノート】

  • 明治期以降「日本は多民族国家なのだから」神話が出たとかを解く。
     南方熊楠説における柳田国男説の『日本先住民』はRACE系だと思ったけど、本著に出てくる柳田先生の説はなんか若干まともなアレ(でかつ柳田先生がポエムに走るのを批判してゐる)っぽい。
     単一民族をNationとするならば、他のRaceとかTribeとかの方がいいわけだから使へるとは言はない。

  • 同僚「ここままじゃ純粋な日本人がいなくなる」
    私「純粋な日本人の定義を教えて」
    同僚「今の日本人」
    私「何それ。定義になっていない」

    仕事場でこんな会話を交わしたのは昨年だった。なんか妙なものでも
    読んだり聞いたりしたのかね、この同僚は。

    でも、「日本人は単一民族」って言う人は結構いるんだよね。単一民族って
    言ってもさ、人類発祥の地はアフリカだし、日本には大陸やら朝鮮半島やら
    南方からやって来た人たちが住みついたって説もあるでしょう。

    あの大勲位・中曽根康弘も「日本人は単一民族」って発言していたけど、
    この単一民族論というのが強調されるようになったのはそれほど昔の
    話じゃないんだね。

    本書は「日本人は一体どこから来たのか」の検証するのではなく、明治以降
    の日本民族についての言説を考察した作品だ。

    これは面白い。日清・日露戦争から先の大戦まで、日本が海外侵攻をして
    いた頃は混合民族であるとの説が主流を占めていた。「アジアの盟主」を
    自任していたし、半島や台湾を支配下に治めていたんだものね。

    では、いつから単一民族だとの説が流布したのかというと戦後になってから
    なんだな。

    では実際にはどうなのかとの結論は出ていないのだが、著者に言わせると
    どっちも「神話」なのだそうだ。「神話は史実ではない」との三笠宮殿下の
    言葉を思い出したよ。

    歴史としてはどうなんだろうね。古代より日本列島には渡来人が住んで
    いたというし、継体天皇については出自などについて謎が多いとする説
    もあるしね。

    時代の潮流や政治的思惑で混合民族になったり、単一民族になったり
    日本人も大変なんだわ。でもさ、み~んなまとめて「地球人」じゃ駄目
    なのかしらね。

  • そもそも第二次世界大戦前までは単一民族論は少数派であったこと、差別解消を目的とする良心から生まれた混合民族論が大日本帝国の「侵略(あえていおう)」の論理になってしまったこと、いずれもこれまで描いていた主流とされる日本人論のイメージとは異なり、いかに自分の「常識」が時代の主流に知らず知らず組み込まれているかがよく理解できた。英語文献のアーティクルにも多数引用されており読みたかった本がやっと読めました。

  • 今、国内でもっとも読まれている社会学者の著作から選んだ。知識人の言説に焦点を当て、日本社会を問う。厚い本が多いけれど、記述は平易で読みやすい。(松村 教員)

  •  これはおもしろい。日本人はもともと「単一民族」なんかじゃなくて、南方や朝鮮やアイヌとか、さまざまな人種が合わさった混合人種であり、天皇だって朝鮮の血が入っているのだ。明治で急に西洋文明を取り入れたせいで劣等感の塊となり、なかには「日本人は本来白人であり、黄色人種ではない。劣等民族である蝦夷などの土人と交わったために黄色人種のように見えるが、健康に気遣い洋服を着たら直る」みたいな狂ったことを言っていた奴もいたらしい。
     サントリー学芸賞を取るような論文なのだが、ゲラゲラ笑いながら読める楽しい本だ。いまのこういう時代の雰囲気だからこそ、絶対おすすめする。

  • 『単一民族神話の起源 ――「日本人」の自画像の系譜』
     The myth of the Homogeneous nation
     小熊英二(1962-)
     新曜社 1995年07月


     【メモ】
    ・出版社のページ
     <http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/4-7885-0528-2.htm
    ・1996年に社会・風俗部門でサントリー学芸賞受賞。(青木保 評)
     <http://www.suntory.co.jp/sfnd/prize_ssah/detail/1996sf2.html
    ・せいごー評。
     <http://1000ya.isis.ne.jp/0774.html
    ・異端的考察
     <http://critical-thinking.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-79eb.html

     【メモ 2】
    ・誤植(@出版社HPに掲載された目次)
    9章4節 :「全部」→「前部」


     【目次】
    序章
    問いの設定/「単一民族神話」の定義/社会学と歴史学

    第一部 「開国」の思想
    第1章 日本民族論の発生――モース・シーボルト・小野梓ほか
    欧米人学者の日本民族論/日本の人類学と欧米人学者への反発/ナショナリズムの二つのかたち
    第2章 内地雑居論争――田口卯吉・井上哲次郎
    モデルとしてのアメリカ合衆国/海外進出は不可能/「日本国民の同化力」
    第3章 国体論とキリスト教――穂積八束・加藤弘之・内村鑑三・高山樗牛ほか
    国体論の隆盛/キリスト教系知識人の反論/同化政策か純血維持か/追いつめられる国体論
    第4章 人類学者たち――坪井正五郎ほか
    純血論への批判/世界への進出
    第5章 日鮮同祖論――久米邦武・竹越与三郎・山路愛山・徳富蘇峰・大隈重信ほか
    天皇家朝鮮渡来説/「島国根性」と「南種北種」/「故郷」への進出
    第6章 日韓併合
    新聞での論調/主要雑誌の論調/国体論者の転向

    第二部 「帝国」の思想
    第7章 「差別解消」の歴史学――喜田貞吉
    被差別者への共感/差別解消としての同化/「四方の海は皆同胞である」
    第8章 国体論への再編成――国体論者の民族論
    国体論の混乱/混合民族論のとりこみ/「養子」としての異民族/「開かれた血族団体」
    第9章 民族自決と境界――鳥居龍三・北一輝・国定教科書ほか
    民族自決論の中和/鳥居龍蔵の日本民族起源論/教科書の変遷/「朝鮮人の名を全部日本名に変ずべし」
    第10章 日本民族白人説――ギリシア起源説・ユダヤ起源説ほか
    「落胤」としての日本民族/あるボランティア
    第11章 「血の帰一」――高群逸枝
    詩人から古代史へ/母系性と異民族同化/「世界の家族化」

    第三部 「島国」の思想
    第12章 島国民俗学の誕生――柳田国男
    先住異民族としての「山人」/「山国」から「島国」へ/国民統合としての民俗学/「有りもせぬ全体」
    第13章 皇民化対優生学――朝鮮総督府・日本民族衛生協会・厚生研究所ほか
    純血な島国/皇民化政策を支える混合民族論/厚生省と優生学系勢力/純血と総動員の矛
    盾/単一民族人類説の台頭/「混血ニ対スル処置ヲ講ズベシ」
    第14章 記紀神話の蘇生――白鳥庫吉・津田左右吉
    大陸の分裂・島国の団結/記紀は史実ではない/単一民族の記紀解釈/権力支配としての中国/権力無き天皇国家
    第15章 「血」から「風土」へ――和辻哲郎
    北種と南種の総合/自然児の世界/複合的な単一風土/国境をこえない天皇制
    第16章 帝国の崩壊――大川周明・津田裁判ほか
    戦時期の混合民族論/純血論の台頭/ダブルバインド状態
    第17章 神話の定着――象徴天皇制論・明石原人説ほか
    農業民の世界/国民統合の象徴/明石原人説/単一民族論に傾く戦後歴史学/受容されなかった騎馬民族渡来説/忘却された混合民族論

    結論
    社会学における同化主義と人種主義/「日本人」概念について/近接地域・同人種内の接触/家族制度の反映/保守系論者の単一民族論批判/神話からの脱却

    あとがき 

  • いい本なんだけど、多分先行研究があるからというので第二次世界大戦以降の話の記述が軽くなってるのが、一冊の本として読むのは少し不満かもしれない。

  • 単一民族神話の起源。想像したものと大きく違っていて、大変面白い。二度三度参照したくなる。

  • 未だに、思想史や社会史の世界で過小評価されているように思える一冊。
    明治から戦後初期までの日本民族起源論を検討し、通史的にまとめた論文。文学とマルクス主義を除いた知識人の言説を網羅的に目配りし、政治利用された民族起源論と無批判に用いられる単一日本民族論の不毛さを明らかにする。
    これが修士論文だというのだからすごい。彼は岩波の編集者だったから、多分出発点は和辻と『世界』なのだろう。このような、実証的かつ大きな見取り図をもった研究が、もっと出てきてほしいと思う。

  • この著者の史料集めには毎回のことながら脱帽しているが、著者の修論においてもその努力が極まっていて、その一つのことを論じるために多くのことを調べることに努力を惜しまない能力はもはや才能であるとさへ感じた。うらやましい限りである。

    内容に関しては、現代の日本においては日本は単一民族国家であるという固定観念が膾炙している一方で、戦前においてはむしろ日本は混合民族国家であるという説が流布していたということにまず驚いた。そのことについて歴史学や人類学、民俗学からそれぞれ論じられているが、最も気になったのは喜田氏による日本人論である。部落や朝鮮人を「日本人」と同化させることで差別を彼なりに解消しようとした「純真」な心とその自己矛盾については歴史の限界と皮肉を感じざるを得なかった。

    結論部に表れているように、著者はすべての物事に対して神話的要素や思考停止を認めず、一貫して批判的である。その姿勢は見習うべきものである。最後の言葉である「異なるものと共存するのに、神話は必要ない。必要なものは、少しばかりの強さと、叡智である」という言葉には素直に感動した。

    著者はその鋭いテーマを選びの眼力とその努力の才能をもって多くの分野で活躍してもらいたい。

  • 内容としては、副題の「日本人の自画像の系譜」の方が合っている気がする。販促効果を狙って、キャッチーなタイトルにしたのだろうか。
    単一民族論だけを神話と呼ぶのは、中立的な立場に立ちつつも、筆者の真の意図は単一民族神話の批判にあるからなのだろう。ただ、中身は至極全うで面白い。
    単一民族論の形成に和辻哲郎が大きな役割を果たしたというのは、本書で初めて知った。現代日本で彼の評価が高い気がするのは、単一民族論が今なお幅広く支持されているからなのか。

  • 単一民族神話の起源―<日本人>の自画像― 小熊英二 新曜社
    「日本は単一民族の国家である」というのはいくたびか「統治者側」によって口走られた言葉である。そして、それは
    多くの「日本人」の持つ自負を含む幻想である。しかし、「単一民族」に限らず、こうした幻想は根深く私たちの中に巣
    食っている。「もういい加減にしたい」という思いを、本学科の学生とこそ共有したいという思いから、最後にこの著作を
    推薦図書として挙げておきたい。(2010:清水均先生推薦)

  • 774夜

  • ゼミ

  • 「日本は単一民族だから・・・」というフレーズを良く聞く。

    本当に日本は単一民族なのか、また単一民族であるという認識は古来より持っていたものなのか。

    最高に面白い。

  • 高校生のとき読んだからね
    本をさかさまにしてよんでやっと解ったかんじかね

  • 本書は,大日本帝国時代から戦後にかけて,「日本人」の支配的な自画像といわれる単一民族神話が,いつ,どのように発生したかを歴史学的に調べ,その機能を社会学的に分析したものである。最後の『結論』の『神話からの脱却』についての一節の「異なる者と共存するのに,神話は必要ない。必要なものは,少しばかりの強さと叡智である」の部分が読み終えたあと印象に残った。

  • 修士論文にしてこの分野の標準的な文献となっている著者の力量に脱帽。日本は単一民族であるという「神話」が近代日本においてどのように形成されていったかを、さまざまな人物に商店を当てて描いている。キリスト者の内村鑑三なども扱っており、著者の理解の正確さに驚いた。

全35件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1962年東京生まれ。東京大学農学部卒。出版社勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。学術博士。主な著書に『単一民族神話の起源』(サントリー学芸賞)、『<民主>と<愛国>』(大仏次郎論壇賞、毎日出版文化賞、日本社会学会奨励賞)、『1968』(角川財団学芸賞)、『社会を変えるには』(新書大賞)、『生きて帰ってきた男』(小林秀雄賞)、A Genealogy of ‘Japanese’ Self-Imagesなど。

「2019年 『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小熊英二の作品

単一民族神話の起源―「日本人」の自画像の系譜を本棚に登録しているひと

ツイートする