明治思想史―近代国家の創設から個の覚醒まで (ロンド叢書)

著者 :
  • 新曜社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788505605

作品紹介・あらすじ

維新の「乱世的の革命」からどのように近代国家は創設されたか。国家建設の政治的価値優位のなかで、私的な個人の領域はどのように析出され自立するか。大正思想史への架橋を視野に入れた明治思想の展開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    維新の「乱世的の革命」からどのように近代国家は創設されたか。
    国家建設の政治的価値優位のなかで、私的な個人の領域はどのように析出され自立するか。
    大正思想史への架橋を視野に入れた明治思想の展開。

    [ 目次 ]
    維新前夜の思想
    「乱世的の革命」
    新しい国家構想を求めて
    啓蒙的知識人の課題
    自由民権の思想
    憲法制定の思想像
    教育勅語をめぐる思想の相克
    平民主義・国粋主義・国民主義
    「天下国家」から「生活」への視座の転換
    思想としての日清戦争〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1926年茨城県生まれ。1948年東京大学法学部卒業。現在、東京大学名誉教授。
著書
『天皇制国家と政治思想』(1969年,未來社)
『国学政治思想の研究』(1972年,未來社)
『近代日本の知的状況』(1974年,中央公論社)
『近世日本の思想像 歴史的考察』(1984年,研文出版社)
『明治精神の構造』(1993年,岩波書店)
『明治思想における伝統と近代』(1966年,東京大学出版会)
『明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで』(1996年,新曜社)
『吉野作造』(2008年,東京大学出版会)
『近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜協同体論まで』(2011年,以文社)

「2017年 『「利己」と他者のはざまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本三之介の作品

明治思想史―近代国家の創設から個の覚醒まで (ロンド叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする