文学をいかに語るか―方法論とトポス

制作 : 大浦 康介 
  • 新曜社
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788505643

作品紹介・あらすじ

読むための理論から語るための理論へ。文学が衰弱しているように見えるとしたら、それは何よりもわれわれが文学を生き生きと語る術を失ったからだ。文学を語り合うための技法を実践的かつ多面的に提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学(用語)に関する事典風解説書。とても読みやすく書かれています。個人的には「フィクション」の章をとても興味深く読みました。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする