外国語はなぜなかなか身につかないか―第二言語学習の謎を解く

制作 : Ellen Bialystok  Kenji Hakuta  重野 純 
  • 新曜社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788507050

作品紹介・あらすじ

英語を第二公用語に、という提言が出された。しかし、中高だけで6年間も学習したのに、満足にしゃべれないのはなぜ?寝ている間に学べるとか、テープを毎日聞くだけで上達するとかの広告は本当?子どもは言語の天才だが、大人になったら手遅れ?共にバイリンガルの研究で有名な著者が、外国語を学ぶという複雑な営み(それはドラマだ!)の姿を、脳、言語、心、自己、文化という五つの視点から初めて全体的に明らかにした本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「したがって、第二言語の学習は言語学習でもあり概念学習でもある。この場合、新しい言語を学習するということは、心のなかで概念が組織化される方法を変えることである。」(p.136)それゆえに、言語の消滅がゆゆしき問題である可能性がある。ある特定言語の消滅は、人類文化史上ある特定の概念の組織化方法を消滅させるかもしれない。

  • 内容は中立で、習得研究の広範囲を網羅している点で評価できる。訳がよくないので原文で読んだほうがいいかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

外国語はなぜなかなか身につかないか―第二言語学習の謎を解くのその他の作品

1-B000H2N5D0の詳細を見る ペーパーバック 1-B000H2N5D0 エレン・ビアリストク
In Other Words: The Science And Psychology Of Second-language Acquisition ハードカバー In Other Words: The Science And Psychology Of Second-language Acquisition エレン・ビアリストク
In Other Words: The Science And Psychology Of Second-language Acquisition ペーパーバック In Other Words: The Science And Psychology Of Second-language Acquisition エレン・ビアリストク

外国語はなぜなかなか身につかないか―第二言語学習の謎を解くを本棚に登録しているひと

ツイートする